あやしいLanding RWY38

06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

カテゴリー「Flight trip」の記事一覧

Flight trip, JL1803 RJTT-RJFT, JL1816 RJFT-RJTT 

更新をだいぶサボってしまいました。
3月4月と死ぬほど忙しくて、4月でまともに休めたのは1日だけでした。そのうち一ヶ月は出張先で過ごしていました。
この記事は、もう2ヶ月前の搭乗で記憶もおぼろげですが、熊本までフライトした記録です。

JL1803, RJTT-RJFT
この1803便ですが、4月からはJALの便名の構成が大きく変わり、現在は625便と変わっています。
IMG_1351.jpg
機材はB767-346、レジ番はJA8365でした。


雨上がりの羽田空港
IMG_1357.jpg


離陸です。RWY05から



八景島シーパラダイスあたり上空を上昇中
IMG_1366_2015050406022803d.jpg


江ノ島が見えます。
IMG_1382.jpg


熊本空港へ着陸です。
今回はオーソドックスにRWY07へ



JL1816, RJFT-RJTT
往路です。熊本空港から阿蘇山一帯を見ることができます。
IMG_1536.jpg
この立地のせいで、東からの便は、一度空港の西まで通り過ぎてからの着陸になります。
もっと海の方に空港を作ればよいのにと思いますが、政治の我田引水なんでしょうね。


搭乗する機材が到着しました。
IMG_1543.jpg


B767-346、JA659Jです。
IMG_1551.jpg


SUICAのカラーリングw
IMG_1553.jpg


離陸シーン。
羽田空域が混雑していて、離陸の許可がでないそうです。機長さんのアナウンスがありました。
滑走路手前で10分くらい待たされました。その間に夕日が落ちていく様が確認できますw
この乗っていた便のあとにアシアナ機が続いていましたが、いい迷惑だったでしょうねww



黄砂のせいか視界がかすんでいて、前回のように阿蘇山はきれいに見えませんでした。
夕方の便ですので、このような景色です。
IMG_1587.jpg
夕刻に西から東へのフライトですが、暗闇に進んでいくような感じです。
これ、FSXでもよく感じられるシーンです。


羽田への着陸は、KAIHOからRWY34Lでした。
斜め左前に羽田の滑走路を確認できます。



今回のフライトルート
RJTTRJFT.jpg


ブログの更新も滞っていましたが、またぼちぼち更新して行きますので、よろしくお願いします。

カテゴリ: Flight trip

[edit]

TB: --    CM: 2   

Flight trip, JL1861 RJTT-RJFK, JL1876 RJFK-RJTT 

広島に引き続いて、お次は鹿児島へ。
6時半頃の便にがんばって乗りました。

JL1861, RJTT-RJFK
搭乗スポットはT2の5A。このスポット、出発ロビーからは機材が見えません。
この便の機材はB737-846です。
IMG_0882_R.jpg
出発です。
視界に入るのは鶴丸カラーだらけ。


本日も離陸滑走路はRWY05の様です。整備場の前をタキシングして行きます。
IMG_0893_R.jpg
先週と同じように、スカイマークのA330が駐機しています。


途中、早朝のこの時間帯には駐機場には機材がたくさん。
IMG_0897_R.jpg


離陸シーンです。



関東はこの日もあいにくの曇り模様。
IMG_0904_R.jpg
四国辺りから、雲もまばらに。


宮崎上空を飛行しています。
IMG_0912_R.jpg
宮崎空港です。


いよいよ着陸態勢に。
桜島がよく見えました。
IMG_0926_R.jpg


鹿児島空港への着陸シーンです。
ちょうど桜島の噴煙が上がっているところでした。

キレイに撮影できました。


鹿児島空港へ到着です。
IMG_0930_R.jpg
離島へ向かう小型機が多く見られました。


搭乗時に乗ってきた機材の写真を取れなかったので、降機後にパシリ。
IMG_0936.jpg
レジ番はJA334Jでした。


JL1876, JFK-RJTT
帰りの便です。機材はB767-346。JA8269。
IMG_1343_R.jpg
手元の資料によれば1988年導入のふっるい機材です。
のこり少ないアークカラーですね~。


鹿児島空港から離陸です。



羽田空港へ着陸。今回も到着経路はKAIHOでした。



さて、この度のフライトルートです。
RJTTRJFK_R.jpg
RJTT RWY05 - RJFK RWY34 (水色)
RJFK RWY34 - RJTT RWY34L(オレンジ)



おまけ
休みをまたいだ出張でしたので、桜島まで足をのばしました。
桜島へは、フェリーで15分ほどです。
IMG_0959_R.jpg
フェリーも10分おきに出ているので、気軽に行くことが出来ます。


桜島に近づいてきました。
IMG_0991_R.jpg


フェリーが4隻ほどで、ピストン輸送しています。
料金は往復で320円ほどでした。
IMG_1007_R.jpg


当初バスで島をめぐる予定でしたが、フェリーターミナルを出たところで客引きしていたタクシーのおっさんと交渉して、
島一周をすることに。バスだと島の1/4くらいしか廻れません。
IMG_1013_R.jpg
タクシーのおっさんのガイド付きで桜島観光のスタートです。


こちらは叫びの像
IMG_1032_R.jpg
以前、長渕剛さんが、オールナイトコンサートをここで行ったことを記念してつくられたとかなんとか。
なぜ、ここでコンサートをしたのかはわかりません。。


この溶岩石、西郷どんににているとかなんとか。
IMG_1037_R.jpg


桜島の御岳にだんだん近づいて行きます。
IMG_1038_R.jpg
現在噴火してるのは、島の西側です。


こちらは、なんかの生き物にみえる溶岩石とかなんとか。。
IMG_1026_R.jpg
タヌキだったかな。。


島のあちこちには、このような退避壕があります。
IMG_1045_R.jpg


こんな塊が降ってきたそうです。
IMG_1042_R.jpg
重量4トン。


火山灰の回収車。
IMG_1060_R.jpg
道路は火山灰が積もっていて、滑りやすいそうです。
当初はレンタカーで観光しようとかとも考えていましたが、止めといて正解だったかも。。


そうこうしているうちに、噴火しましたよー!
IMG_1062_R.jpg


噴煙が上がって行きます。
IMG_1069_R.jpg
ゴーストバスターズを思い出します。。


このような噴火は年に数百回もおきてるそうです。
IMG_1067_R.jpg


大隅半島とつながった部分
IMG_1090_R.jpg


桜島は海の眺めもすばらしいです。
IMG_1098_R.jpg
遠くには開聞岳も見えました。


こちらは、ライオンに見える溶岩石だとかなんとか。
IMG_1103_R.jpg


そうこうしているうちに、次の噴火がー!
IMG_1111_R.jpg


先ほどの噴火の火山灰が降ってきました。
IMG_1114_R.jpg
おかげで、島の車の窓ガラスは傷だらけだそうです。


ドライブインの様なところへ連れてこられました。
IMG_1128_R.jpg


はじめてみる桜島大根。
IMG_1129_R.jpg
でっかい~!


大根ですから~
IMG_1133_R.jpg


色々な方向から、御岳を見て廻れます。
IMG_1130_R.jpg


噴火している側から。
IMG_1152_R.jpg


この傷のような地形は、土石流によって形成されたとのことです。
IMG_1158_R.jpg
アブドーラ・ザ・ブッチャーの額を思い出しました。。


これは火山灰で埋まってしまった黒神埋没鳥居。
IMG_1143_R.jpg
大正の大噴火で3mほど、火山灰が積もったそうです。


天気もよく、気持ちの良い観光ができました。
IMG_1172_R.jpg


島を一周して、フェリーターミナルへ帰ってきました。
IMG_1211_R.jpg


GPSロガーの軌跡です。
sakurajima_R.jpg
あとで、Google earthで、こうやって表示してみるのも楽しいものですね。



フェリーで鹿児島市内へ戻ったあと、景色の良いとされる城山公園の展望台へ行くことにしました。
IMG_1237_R.jpg


鹿児島市内からも桜島がきれいに見えます。
IMG_1238_R.jpg
またまた噴火中~!


展望台からはもっとよく見えるでしょう~
IMG_1241_R.jpg
し、しかし、1000mも坂道を登らなくてはなりませんww


このような遊歩道をもくもくと上り続け、、、
IMG_1242_R.jpg


到着しました~。
IMG_1246_R.jpg
登った甲斐がありました~。





ここからは、帰りの際の鹿児島空港です。
IMG_1325_R.jpg


展望デッキには、ちょっとした航空展示コーナがあります。
IMG_1304_R.jpg


こんな感じの展示物や、
IMG_1330_R.jpg


JACの訓練用の機体のモックアップがあります。
IMG_1288_R.jpg


この機体はDHC400ですかね~
IMG_1289_R.jpg


憧れのCAさんの席が、、、
IMG_1291_R.jpg
もちろん座ってみましたw


フライトシミュレータが設置されてました。一回100円
IMG_1298_R.jpg
鹿児島空港や奄美空港から離着陸できます。


同種のシミュレータは広島や岡山空港でもありますが、いつもちびっ子がまとわり付いていたので、自分で試したことはありませんでしたが、誰もいないタイミングでしたので、4回ほどフライトしてみましたww
IMG_1286_R.jpg


おまけのおまけ。
クレープの自動販売機ですw
IMG_1273_R.jpg


私も先月の熊本へのフライトの記事の中でも書いてしまっていたのですが、
阿蘇山の現在、桜島は山が膨張しているとか、大噴火するのでは、などという報道がされていることもあって、
日本人の観光客が激減しているようです。私を案内してくれたタクシーのおっさんも困っているようでした。
桜島の噴火自体は日常茶飯事で、島の住民の方はいつもと同じ生活をおくってらっしゃってます。
火山という自然が相手のリスクがある観光でしたが、楽しむことができました。

おしまい。

カテゴリ: Flight trip

[edit]

TB: --    CM: 4   

Flight trip, JL1603 RJTT-RJOA, JL1612 RJOA-RJTT 

ここ最近とっても忙しく、休日出勤も続いていて、FSXを起動する元気も出ません。。
PMDGがP3D向けにリリースしたり、FSXの世界も動きがありますが、
この忙しさが落ち着いた後のお楽しみですね~

今回は広島まで出掛けてきました。

JL1603, RJTT-RJOA
機材は、737-846、JA318J

広島線は、ほとんどSID SEKIDのルートをとることが多いのですが、北風の場合、SID SEKIDは離陸滑走路がRWY05かRWY34Rかで、浦安方面から上昇するか、蒲田上空を上昇するか、変わってきますね。


本日は、整備場の前をタキシングしていることからRWY05というのが分かりました。
IMG_0561_R.jpg
JALの格納庫では、政府専用機が整備中です。


スカイマークのA330。
もうこれ飛んでないんですよね~。どうするんでしょう。
IMG_0563_R.jpg
パイロットさん達もどうなっちゃったんですかね。。
A330って、きっと日本人パイロットはいないでしょうから、みんな外人の契約社員だったのでしょうか。。


RWY05からの離陸シーンです。



この日の関東は曇り。上昇後は、こんな景色が続いていました。
IMG_0570_R.jpg


RJOA RWY28へ着陸です。



広島空港へ到着後、リムジンバスで広島市内へ向かいました。
バスから見える空港施設。
IMG_0577_R.jpg
広島空港は山の上にありますので、こんな誘導等の施設でさえも豪快な造りです。


JL1612, RJOA-RJTT
帰宅です。機材は737-846、JA338J。
IMG_0876_R.jpg
JALの広島便は全て737-846が充当されています。機材が小さいこともあって、満席なことが多いです。
一方、ANAは777-200や787-8が使われていますが。。


RJOA RWY28からの離陸シーン。



RJTT RWY34Lへ着陸です。
到着ルートはKAIHOでした。

今回はiPhoneで動画を撮影してみました。古いデジカメの動画撮影モードより、まだましに撮影できました。


今回のルート。
RJTTRJOA_R.jpg
使用滑走路は、
RJTT RWY05 - RJOA RWY28
RJOA RWY28 - RJTT RWY34L
でした。



おまけ
ついでに宮島へプチ観光してきました。

宮島へはフェリーで渡ることになるのですが、
ちょうど一年前、宮島へ訪れようとした際、スゴイ霧で、フェリーが出航できませんでした。
IMG_2086.jpg
(一年前の写真)
船員さんたちが、ドラをじゃんじゃん叩いていました。
霧の中でドラの音。これはこれでなかなか風情があるものでしたが・・・。


そこで、今回こそということで、再訪です。
宮島へはJR宮島口駅よりフェリーに乗ります。
IMG_0589_R.jpg
フェリーはJRが運航しているものと、あと一社民間の会社が運航していますが、
JRのフェリーは鳥居に接近することが謳い文句です。JRのフェリーを選びました。


宮島へは15分ほど。
IMG_0638_R.jpg


鳥居が見えてきました。
IMG_0645_R.jpg
撮影タイム。
接近するといっても、ズーム付きのカメラでないと、撮影が厳しい距離です。


念願の宮島上陸。
IMG_0670_R.jpg
カキ祭りの看板が。。やはりカキですね。


世界遺産の厳島神社を参拝します。
IMG_0700_R.jpg


写真では良く見る風景の中を、散策します。
といっても、時間もあまりなかったのですが・・・。
IMG_0702_R.jpg


鳥居をパシリ。
IMG_0717_R.jpg


なかなか良い雰囲気です。
IMG_0715_R.jpg


神社を出てから、土産物屋さん街へ。
野生??の鹿がそこらじゅうにいます。
IMG_0750_R.jpg


焼きカキをいただきました。
IMG_0745_R.jpg
これはおいしかった~。


時間もなかったので、1時間もしないうちに、引き返します。
IMG_0755_R.jpg
フェリーは15分おきくらいで頻繁に出航しています。
宮島へ渡る際には進行方向右側に席を取ると、フェリーから鳥居を見ることができます。
帰りのフェリーは、鳥居には接近せずに、真っ直ぐに宮島口へ向かいます。

おしまい。

カテゴリ: Flight trip

[edit]

TB: --    CM: 4   

Flight trip, JL103 RJTT-RJOO, JL128 RJOO-RJTT 

続けざまにフライトです。今回は大阪 伊丹空港へ。

JL103, RJTT-RJOO
早起きして7:30の便に乗りました。

朝焼けの富士山。

三月で使用期限が切れるアップグレードクーポンが残っていたので、ファーストクラスにアップグレードしました。
この日の関東は曇り。いつもなら右側の席にしますが、どうせ富士山は見えないだろうと、左側の席を選びました。

機材はB777-289、JA010D もとJASのレーンボーセブンだった機体ですね。
元JASのスタッフもまだ在職なのでしょうか。。
IMG_0220.jpg


座席はSKY NEXTに更新されたものですが、ファーストクラスのシートも少し改良が成されていました。
IMG_0223e.jpg


RWY05へ向けてタキシング。
ANAの格納庫がいつもまにかスカイマークのものに。自前で整備するようになったんですね。
IMG_0231.jpg


離陸シーンです。

搭載燃料も少ない777-200はらくらく離陸してゆきます。


離陸後、伊豆半島を過ぎた頃に雲が切れてきました。
IMG_0244.jpg


浜名湖。
IMG_0247.jpg


朝食です。
短距離路線ですが、普通に食事がでます。
IMG_0245s.jpg
味噌汁は伊丹線では出ないようです。


小さな空港が見えました。
IMG_0260.jpg
あとで調べたら、明野駐屯地でした。


紀伊半島の山々が見える頃にはすでに高度を下げています。
IMG_0264.jpg


着陸シーンです。八尾空港あたりから、撮影しました。
大阪市内を低空で飛ぶので、まるで遊覧飛行のようですw





JL128, RJOO-RJTT
帰路につきます。
出発までだいぶ時間があったので、空港内のマッサージ屋で足のマッサージをしてもらったり、展望デッキのラソーラの喫茶店でビールを飲みながら飛行機見物をしていました。

伊丹空港は小型の機材が頻繁に離着陸していて、飽きません。
IMG_0502.jpg


エコカラーのツーショット
IMG_0524.jpg


搭乗する頃はもう日が暮れてました。
帰りもB777-289、レジ番はJA8977。
IMG_0536.jpg
こちらも旧JAS機。一番古い機体ですね。昨年千歳へ行くときに乗ったような・・・。

フライトルートです。
RJTTRJOO.jpg
行きも帰りもオーソドックスなルートでした。




おまけ
ついでに、あべのハルカスに行ってきましたよ。
IMG_0289.jpg


朝早い時間に行ったので、混雑はなく。
IMG_0308.jpg
こんなお約束の床だったり。


空中庭園っぽくなっていたり。
IMG_0356.jpg


もしろん見晴らしは良好。。
IMG_0336.jpg
高いところは怖いくせに、ついつい来てしまいますww


トイレもこんな。誰もいなかったので撮影。
IMG_0345.jpg
落ち着いて用を足せませんw
残尿感があるものの、そそくさとトイレを出ますw


ビルの陰の先には通天閣が。。
IMG_0314sss.jpg


プラス500円でヘリポートツアーってのをやっていたので、参加しました。
IMG_0381.jpg
窓ガラスがないので、さらに怖いかと思いきや、意外と安心感がありました。


遠くには太陽の塔が見えます。
IMG_0407.jpg
地上300mの絶景です。


続いて、通天閣へ。
IMG_0437.jpg
以前、通天閣に来たときはタワーに上るための行列が1時間待ちだったので、断念。
今回、そのリベンジですw


15分ほど並んで、展望階へ。
あべのハルカスが見上げられます。。
IMG_0452.jpg
今回初めて通天閣へ上りましたが、ここって、並んでまで上る価値は・・・。

念願の??ピリケンさんの足の裏をなでたあと、串かつ食べて帰りました。。
おしまい。

カテゴリ: Flight trip

[edit]

TB: --    CM: 4   

Flight trip, JL1805 RJTT-RJFT, JL1812 RJFT-RJTT 

今年の初フライトです。熊本まで出張してきました。
羽田-熊本便はJALだけで日に9便も飛んでいます。
それに加えて、ANA/ソラシドや最近ではJetstarも就航していて、結構な便数が飛んでいるようです。


JL1805, RJTT-RJFT
この便の機材はB767-346、JA8398でした。国内線の767は久々な感じです。
ゲートは15番。第一ターミナルの中央付近の便利な位置が割り当てられていました。



10:30頃出発ですが、このころに出発する便は多いようで、RWY05では離陸待ち渋滞が起きています。
IMG_9893.jpg


RWY05からの離陸シーンです。

窓にはポマードがべっとりくっついていて気持ち悪かったです。。


RWY05から離陸。出発経路はおそらくRNAV YANAG。
離陸後、東京湾上で右旋回。羽田空港を右手に見ながら上昇します。
IMG_9909.jpg


このルートは富士山のほぼ真上を飛ぶので、上昇後の風景はイマイチな路線です。眼下には河口湖と西湖が。
IMG_9944.jpg
この辺りは積雪があるようです。


熊本空港へ着陸時、左手に阿蘇山が見えたり、着陸も熊本空港を左手に見ながら着陸するので、風景は、左側の席が楽しいのですが、なぜか私が座っている右側座席で熊本空港が見えてきました??
IMG_9980.jpg
着陸のやり直し??かとも一瞬混乱しましたが、Circle to LandでビジュアルでRWY25へ着陸するようです。


RJFT RWY25への着陸シーン



フライトルートです。熊本空港へは3度ほど訪れたことがありますが、すべてこのルートでした。
JL1805.jpg

飛行高度。
JL1805h.jpg


熊本空港へのアプローチ部をGoole Earthを使って表示してみました。
JL1805_app.jpg
視界はガスっていていましたので、ILSでRWY07へ、滑走路視認後、トラフィックパターンに乗っかる感じだったでしょうか。
一般の乗客からしたら、まどろっこしい着陸ですが、私からすれば得した感じですw


JL1812, RJFT-RJTT
復路の搭乗時間までちょっと時間がありましたので、展望デッキで見物をしていました。
熊本空港には自衛隊も併設されており、ヘリコプタの発着もみれます。
IMG_0020.jpg


セスナの離着陸も頻繁です。空港内に大学がありますが、そこのパイロット養成学科の機体でしょうか。
IMG_0019.jpg


復路はB737-846、JA334Jです。昼間の便なので、搭乗客もほどほどで機内もノンビリした感じが漂ってました。
IMG_0031.jpg


離陸はRWY07から。タキシング途中、自衛隊の基地が見えます。
こちらの自衛隊はヘリコプタの部隊ですかね。
IMG_0041.jpg


RJFT RWY07からの離陸



離陸後のワンショット。熊本空港のすぐ東には阿蘇山が。噴煙が上がっています。
IMG_0056.jpg


阿蘇山の上空で左手にみながら。火口が見えますね。
IMG_0085.jpg


火口をアップで!
IMG_0088.jpg


噴火はだいぶ落ち着いているようです。
IMG_0092.jpg
噴煙は東の方へ。
地元の方の話では、阿蘇山の噴火は収まったが、今度は桜島が大噴火するのでは、とのことでした。
桜島の山自体が膨張しているとか。。


富士山が見えてきました。
IMG_0158.jpg


三浦半島が近くに見えます。
IMG_0200.jpg
このルートはKAIHOですね。


左前方に羽田空港が見えてきました。RW34Lへビジュアルで着陸です。
IMG_0212.jpg


RJTT KAIHO


フライトルートです。
GPSロガーが途中でGPSロストしてしまったため、Flightradar24のヒストリで。
JL1812.jpg


仕事が立て込んでて、出張も続いててますが、FS Flight keeperの使用方法も仕事が落ち着いたら続けますので、しばらくおまちください。すいません。。



おまけ。
加藤清正像と熊本城
IMG_9987.jpg
熊本の夜は馬刺しと米焼酎で一人酒。熊本城のすぐ近くのホテルの裏でイイ感じのこじんまりとした居酒屋を見つけました。
また行こっと。。

カテゴリ: Flight trip

[edit]

TB: --    CM: 4