あやしいLanding RWY38

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

Flight trip OZ1015 RJTT-RKSS, OZ1065 RKSS-RJTT, Oct. 2014 (1) 

またもや韓国へ出張することになったのですが、台風18号が関東を直撃しました。
この日、搭乗する便が欠航なのか遅延なのか、はたまた普通に飛ぶのかアシアナ航空のWEBを見ても信用ならん内容しか載っていないので、自宅を早めに出ました。電車はちらほら運休になっていたりもしてましたが、高速道路は通行止めになっていなかったのでリムジンバスを選択。空港に近づくほど風雨は激しくなり、バスのワイパーが風でバタバタなびき、仕舞いにはワイパーなしで走行ww。前もろくに見えない状況で高速道路を30キロ程度で走ります。高架から落ちてもおかしくなかったです。9:00に羽田空港へ着きましたが、飛行機の出発時間が12:05から16:05へ変更されてます。

出張に同行するお偉いさんがスターアライアンスのステータスをもっていたので、そのお方にくっついてANAラウンジへ篭りました。
敵地ANAラウンジからみた国際線のエプロン

ものすごい雨と風が舞っていました。
その時の羽田のMETAR

もちろん動いている飛行機は一機もありません。

午後2時をすぎたころには台風は関東を抜けたようです。

打って変わって良い天気に。さっそくキャセイのジャンボが着陸してきました。

その時の悪天予想図

台風は太平洋へ抜け、韓国までは特に揺れもなさそうです。


OZ1015 12:05発 → 変更 16:05発 RJTT-RKSS

搭乗ゲートも106番になったり146番に変わったり、国際線ターミナルの中を端から端まで往復させられましたが、皆文句をいう力も残ってないのか、黙々と移動していました。
ということで、ながらく時間を潰しましたが、ようやく出発。



羽田-金浦間は毎度のA330-300、レジ番はHL7793でした。

席は通路側だったので、写真もGPSログもありません。

フライトルートはいつもと同じルートでした。

RJTT 34R
RKSS 32R


OZ1065 20:00発 RKSS-RJTT

さて、帰国です。出発がおくれ仕事の予定は大幅にくるったものの、次の日は別の案件があったので、一旦帰国して、また明後日に韓国に来ることになりました。
またまたアシアナのA330-300

レジ番はHL7741。


窓側を取れたのでGPSロガーでフライトログをとりました。
さて、下のログは帰国時のルートですが、いつもと違って、金沢、富山上空を飛んで、北周りで羽田へアプローチするルートです。

通常、金浦-羽田は米子から京都を抜けて、セントレア空港上空から、太平洋へ抜けるルートをとることが多いです。

東北や北海道から羽田へ向かうルートと同じ、GOC(VOR DAIGO)を経由して、RWY34Rへ着陸しました。


着陸後、悪天予想図をみてみたら、偏西風が日本の日本海側すぐ近くを流れており、搭乗機は偏西風を利用したルートを選択したことが分かりました。


RKSS 32L
RJTT 34R

カテゴリ: Flight trip

[edit]

TB: --    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。