あやしいLanding RWY38

04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

帯広空港へ JL1153 RJTT-RJCB、JL1156 RJCB-RJTT 

暑いので、涼しげな帯広へ飛んでみました。
FSXの帯広空港は飛想会で頂いたものです。

いつもの悪天予想図

四国、九州は前線がかかって悪天候ですね。

これまたいつもの4番ゲートより出発です。

JL1153 11:40発 ほぼ定刻の出発です。

SIDはSYE。



福島の上空

空港周辺、、、なんだか、残念なことになっています。

帯広空港のMETAR

特筆するようなことはなく、RWY35へ着陸します。

襟裳岬


十勝平野
もうすぐ着陸です。




到着しました。3分遅れ。



折り返しの時間まで、受験生の子供をしばいてやりましたw

折り返しはJL1156で。 16:15発
ですが、機長の突然の腹痛により10分送れww

マイルールにより、PAUSEは使いません。。
出発もRWY35から
SIDはRACKOです。

帰りも襟裳岬に沿って。


Flightradar24で同時刻にとんでいるJL1156を確認します。

実際の飛行機は空路を無視して、直線的にウエイポイントを目指すことが多いですね。
実機は離陸後、仙台空港まで、一直線に飛んでいます。


羽田へのアプローチ中、使用滑走路が変わりました。RWY34Rから23
大慌てで、CDUに打ち込みます。
LDA Z RWY23 目指し、DELCAで旋回中。



日も暮れてきました。


左手にRWY23が。


Landing。



4番ゲートへ戻ってきました。

34Rから23に変更された分、8分遅れまで短縮されました。

実機はというと、たぶん滑走路変更のため、上空でホールディングしたようです。



今回のフライトルート
RTTT34R-RJCB35
RJCB35-RJTT23



順番は前後しますが、実機の行きのJL1153のフライトルート

実機は福島まではY11、過ぎてから仙台の方向へ向かって進路を変えていました。

カテゴリ: FS Flight Log

[edit]

TB: --    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。