あやしいLanding RWY38

12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

2016年01月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

Flight trip, JL2 RJTT-KSFO, JL1 KSFO-RJTT  

さぼってましたが、ひさびさの実機のフライトの記録です。
出張でサンフランシスコまで出かけてきました。
サンフランシスコは約二年ぶりの訪問です。

JL2, RJTT-KSFO
今回の機材はB777-346ER JALのスケジュール表によればSS7という表記になっています。前回はB787-8でした。
最近はB787も落ち着いてきて大きなトラブルの話は聞きませんが、当時、僕が搭乗する少し前に、ちょうどサンフランシスコへ向かうB787の片方のエンジンが停止して途中でハワイへ緊急着陸したことがあって、ドキドキしながら乗っていた記憶があります。


今回の機材のレジ番はJA740Jです。 
IMG_4575_R.jpg
出発時間は00:05と深夜発ですが、深夜発の便に乗るのは眠たくてしかたありません。


ようやく出発。国際線のゲート112から出発です。
IMG_4583_R.jpg


離陸シーンです。
夜間の離陸なので、海側のRWY16Lより離陸しました。

ただの記録のために動画を残していますが、ほとんど真っ暗なので見る価値はないとおもいます・・・。



やく9時間を掛けてフライト後、アプローチ体勢へと。
サンフランシスコ湾が見えてきました。左旋回中。 画像の右側に空港が小さく見えています。
IMG_4596_R.jpg
天気はいまいちです。


RWY38Rに着陸。ゲート A5に到着しました。
IMG_4603_R.jpg
相変わらず、入国のパスポートコントロールは大行列でした。
50分くらいかかりました。

着陸シーンを。
座席はプレミアムエコノミーで、ちょうど翼の真ん中だったので、景色が見えにくく残念でした。







JL1, KSFO-RJTT
帰国便です。機材は同じくB777-346ERです。
レジ番はJA736J。
IMG_5515_R.jpg
ゲートはA6でした。
この帰国便も出発時刻は00:45と深夜です。


離陸シーンです。これも真っ暗な動画。。



RWY28Lから離陸後、まっすぐに太平洋へと向かいます。右下にはサンフランシスコの夜景が。
IMG_5529_R.jpg


FTXのVectorの夜景に似てますね。。
IMG_5531_R.jpg


羽田空港への着陸シーンです。この動画も真っ暗で、あまり見る価値はありません。



今回のフライトルートです。
黄色のラインがRJTT-KSFO
オレンジのラインがKSFO-RJTT
です。
root.jpg


羽田空港への離着陸のルートです。
root_ar_RJTT.jpg
深夜、早朝の場合に使われるルートですね。


こちらはサンフランシスコ空港への離着陸ルート。
root_ar_KSFO.jpg




おまけ

あいにくの雨でしたが、帰国の飛行機までたっぷり時間があるので、サンフランシスコ市街を観光することにしました。
空港直結の駅から、サンフランシスコ空港の国際線ターミナルをパシリ。
IMG_4817_R.jpg


このBARTに乗りサンフランシスコ市街へ出ます。
IMG_4819_R.jpg


BARTでパウエル駅まできて、ケーブルカーに乗ります。
IMG_4821_R.jpg


ケーブルカーからみるランバーストリート。
IMG_4848_R.jpg
よくCMなんかでみる綴れ折の坂道です。


有名なフィッシャーマンズ・ワーフへ。
IMG_4884_R.jpg


ALIOTO'Sというレストランでランチを食べました。
IMG_4880_R.jpg


その後、港をふらふら歩いていたら、遊覧船のおっさんに誘われたので、
こちらの遊覧船でサンフランシスコ湾を巡ることに。。
IMG_4895_R.jpg
雨のせいか、船に乗客は10名も乗っていません。


サンフランシスコの町並み
IMG_4938_R.jpg


さきほどケーブルカーで降りてきた坂道をパシリ。
IMG_4945_R.jpg
こうやって見ると、急な坂道なのが分かります。


ゴールデンゲートブリッジに近づいてきました。
IMG_4955_R.jpg


こちらは対岸側。
IMG_4990_R.jpg


海は結構荒れています。
IMG_5039_R.jpg


橋の下で船は方向転換します。
IMG_5033_R.jpg
橋の下は渦が巻いていて、船はめちゃめちゃ揺れますww


動画でどうぞ。



湾の内側に戻ってきて、橋の全景です。
IMG_5055_R.jpg


アルカトラズ島
こちらは二年前に来た時に、島の中をツアーで見物したので、今回は上陸しません。
IMG_5160_R.jpg


カモメがすぐ近くを飛び回ってます。
IMG_5161_R.jpg


一時間ほど遊覧して、港へ帰ってきました。
IMG_5224_R.jpg


次は、前回工事中で登れなかったコイトタワーを目指します。
IMG_5271_R.jpg


コイトタワーの上から。ビル群を。。
IMG_5295_R.jpg


こちらはランバーストリート方面です。
IMG_5327_R.jpg


ベイサイドをパシリ。
IMG_5331_R.jpg


今度は陸からゴールデンゲートブリッジまできました。
IMG_5422_R.jpg


フォートポイントまで降りてきました。
IMG_5445_R.jpg
このレンガ造りの建物は、海上から攻めてくる敵の攻撃から守るための砦として1861年に建設されたものだそうです。


ディズニーミュージアム
IMG_5482_R.jpg
あまり興味がないので、写真だけで。


中国人街を通って。
IMG_5490_R.jpg


ということでBARTのパウエル駅までもどり、サンフランシスコ空港へ移動しました。

おしまい。

関連する記事
•2015/03/08 FSXで San Francisco巡り(1)市内観光編
•2015/03/08 FSXで San Francisco巡り(2)Yosemite National Park編
スポンサーサイト

カテゴリ: Flight trip

[edit]

TB: --    CM: 4   

思い出?!のオーストラリアへ。 

これまで購入したシーナリで一度もまともにフライトしたことのない空港がたくさんあります。
オーストラリアに関してはOrbxのAUをはじめケアンズやブリスベン、Flytampaのシドニーは
インストールしたあとにちょろちょろうろついた程度で終わっていますw
OrbxのケアンズやブリスベンはFSX用として古くからあるシーナリですが、リリースした当時は激的に重たいシーナリで、
メモリの消費量も多く、まともにフライトできるものではありませんでしたが、新しいPCとDX10モードでようやく使えそうな状態になったので、遠征してみました。

ということで、正月休みからオーストラリア遠征してきました。実は、はるか昔にオーストラリアは新婚旅行で行ったので、
そのルートをたどる形でフライトをしてみました。


RJAA-YBCS
以前のその旅行のときは、JALはリゾッチャというリゾート向けのキャンペーンを展開していて、成田-ケアンズ間をB747-300SRで運行ていました。鳥とか花がペイントされた機体で、CAさんも同じデザインのブラウスを着てたと思います。
記憶もおぼろげですが、成田の第二ターミナルの84番ゲート辺りからの出発でした。
今ではケアンズ路線はジェットスターとのコードシェア路線で運行中です。

このたびはB777-300ERでフライトしてみました。

84番ゲートで出発準備中。
Screenshots-03_20160117090056c5a.jpg
(フライト中の画像はクリックすると拡大します)

コードシェアのジェットスター便JL5089の時間で出発です。20:10発。
Screenshots-07_20160117090058368.jpg


離陸した後はいつものようにオートパイロット。ケアンズまでは7時間半ほど掛かります。
早朝、日本時間4時半に起きて(笑)、ケアンズ空港へ着陸しました。まだ真っ暗。。
Screenshots-15_20160117090058069.jpg
当時も早朝に到着して、眠たい思いをした記憶が蘇ります。


WingCreationのRJAAからOrbxのYBCSまで、PMDG777でのVAS使用量はYBCS着陸後3.27GBでした。
ybcsvas_2016011716110603d.jpg
このときはアップデートする前の777です。


YBCS-YBHM
ケアンズで国内線に乗り継いで、最初の目的地であるハミルトン島へ向かいます。
当時は、オーストラリアにはアンセット・オーストラリア航空という会社が存在していました。規模も結構多きかった記憶がありますが、2000年ごろ倒産してしまいました。当時、ケアンズ-オーストラリア線の機材は、British Aerospace BAe-146が使われていました。日本ではなじみのない機体だったこともあり、また翼が窓より上についている独特な機体が印象に残っています。
ScreenshotsYBHM-01.jpg
このたびのフライトはB737NGXでカンタスのペイントとしました。


ケアンズ空港RWY15を離陸。さすが空港周辺の作りこみはOrbxのシーナリです。
ScreenshotsYBHM-07.jpg


離陸後、右手にケアンズ空港をみながら上昇します。
ScreenshotsYBHM2-01.jpg


ハミルトン空港への着陸は、一旦空港の上空を通過してUターンするVORの着陸をPRO-ATC/Xより管制されました。
ScreenshotsYBHM2-04.jpg


RWY32へランディング!
ScreenshotsYBHM2-10.jpg


ハミルトン空港のシーナリは飛想会のものを使用させて頂いております。
OrbxのAUを入れているせいかテクスチャが一部おかしなことになってますが・・・。
ScreenshotsYBHM2-20.jpg
当時はオーストラリア旅行がブームで、この小さなハミルトン島も旅行先として知られているところでした。
大きなホテルも数件あって、完全なバカンスの島です。
グレートバリアリーフに近く、船でサンゴ礁へダイビングしにも行きました。


YBHM-YBBN
ハミルトン島の次はゴールドコーストに行くため、ブリスベン空港へ向かいます。
なぜか小さな空港にジェット機が4機も駐機していますww
ybhm2.jpg
当時は、アンセット航空のB737の300だったと思いますが、、、


ハミルトン空港からの離陸シーンは動画にしてみました。FS2CrewのNGX Rebootを使用してます。興味のある方には参考になるかもしれません。。
1/2

2/2


離陸後、海岸線を飛行。
YBHM-YBBN-02.jpg
Orbx AUの風景です。


ブリスベンへのアプローチもVORを指示されました。空港上空を一旦通過します。
YBHM-YBBN-12.jpg
OrbxのYBBNも空港周辺の作りこみはすごいです。そのせいもあり、未だにフレームレートは低下するシーナリですが・・・。
テクノブレインの羽田2より重たいです。


ブリスベンへ到着。間違って国際線のターミナルに到着してしまいましたww
YBHM-YBBN-19.jpg

YBBNへの着陸時のシーンも動画にとってあります。
VORアプローチ1/2

Landing2/2

着陸直前はフレームレートが低下してカクカクしています。


YBBN-YBCG
当時の旅行では、この後車でゴールドコーストへ向かった訳ですが、A2Aのセスナでゴールドコースト空港までフライトすることにしました。
ブリスベン空港のはずれにある短いRWY32より離陸します。
YBBN-YBCG-04.jpg


右手にゴールドコーストの町を眺めながら。
YBBN-YBCG-07.jpg
当時は、このあたりにあるマリオットに宿泊しました。シーワールドも見物しましたが、そのシーワールドで遊覧のヘリコプターがあり、そこで初めてヘリコプターに乗る経験をしました。


ゴールドコースト空港へ着陸です。
YBBN-YBCG-09.jpg


このゴールドコースト空港もフリーのシーナリです。DX10ではテクスチャが一部おかしくなってしまいますが。。
YBBN-YBCG-10.jpg



YBCG-YSSY
さて、当時と同じゴールドコースト空港からシドニー空港へ向けてフライトです。
ybcg-01.jpg


RWY14から離陸。
YBCG-YSSY-03.jpg


離陸後の風景を。。
YBCG-YSSY-07.jpg


一時間半くらいかけてシドニー空港へ到着。
RWY34Rへ着陸です。
YBCG-YSSY-13.jpg


国内線のターミナルへ到着。
YSSY-YBBN-02.jpg
Flytampaのシーナリの質感はさすが高いですね~。


YSSY-RJAA
さて、シドニー滞在後、日本へ帰国です。シドニーへは現在もJALが路線を持っています。機材は777-200/300ERを投入してます。
当時の機材はなんだったかちょっと記憶にありません。B747-300SRだったと思いますが・・・。
YSSY-RJAA-01.jpg
このたびは、B777-300ERで。このタイミングでPMDGのアップデートがあったので、適用しました。


離陸はRWY34Lから。
YSSY-RJAA-05.jpg
4000m級の長い滑走路です。


オーストラリアからエアボーン。。
YSSY-RJAA-07.jpg


飛行時間は約10時間。
YSSY-RJAA-13.jpg
成田のRW34Rへ降ります。


出発時と同じ84番ゲートへ。。
YSSY-RJAA-17.jpg
オーストラリアツアーの終了です。

以上、今では美しい思い出なのかは微妙な感もありますが、思い出をたどるフライトでした。。



今回のフライトのルート。
au1.png
飛行ルートはFlight radar24のヒストリを参考にしています。
往路、復路ともグアム上空を飛行するようです。


オーストラリアをUPで。
au2.png
実はさらにYSSY-YBBNを一往復してますが、上ではふれていません。


RJAA到着後のVASの使用量は約3GBでした。
RJAAG84AFLDVAS.png
往路のRJAA-YBCSは3.27GBでした。空港が違うので直接比較は出来ないですが、重たいFlyTampaのシドニー空港から出発でも、VASの消費は3GBで、PMDGのアップデートによるVAS改善の効果は確認できるのではないかと思われます。

おしまい。

カテゴリ: FS Flight Log

[edit]

TB: --    CM: 4   

Orbx - FTX: Trees HD 

年末のFSアドオンソフトのセールに乗せられて、散財してしまいました。
カードの使用明細が届くのが怖いですw どうか、しばかれませんようにww

何買ったか、自分でも良く分からなくなってたりしますが、リストにしておくと・・・。

1) Orbx - FTX: EU England
2) Orbx - FTX: EU Scotland
3) Orbx - FTX: NA Gold USA Northern California
4) Orbx - FTX: PI NSTU Pago Pago International Airport
5) Orbx - FTX: Trees HD
6) A2A Cessna 172 Trainer (P3D & FSX) Professional Bundle
7) AEROSOFT Twin Otter Extended
8) TAXY2GATE HONG KONG INTERNATIONAL AIRPORT VHHH
9) PIS Taiwan Taoyuan International Airport (RCTP)
10) flightbeam San Francisco International Airport KSFOHD

あとセールではありませんでしたが、
11) FSFX 737 Immersion
12) FSFX 777 Immersion
13) FSFX PrecipitFX

まだあったような気がしますが。
こんなに購入してしまいました。これはまずいですねww 
使用するカードを分散させときましたが・・・。


この買ったものリストから、すでに多くの皆さんが導入されていると思いますが、
Orbx - FTX: Trees HDの効果のほどについて確認してみました。

有名なアドオンなのでどんなものかは紹介しませんが、FTXのWebに書いてある特長のひとつに
Negligible VAS impact という記載があります。ですので、樹木のグラフィックの変化と同時に
VASについても確認してみました。
確認にあたり、FSXのautogenの設定は最大にしてあります。

テストに用いた空港は、与那国空港と新千歳空港です。南の島と北国の樹木がどう変化するかってことで。。

先ずは与那国空港(ROYN)から、
FSXデフォルトの樹木です。
atROYNbf_RW1_R.jpg
(画像をクリックすると拡大します)

次に、 FTX Trees HD
atROYNaf_RW.jpg
(画像をクリックすると拡大します)

VASについては、
FSXデフォルト
atROYNbf_VAS.jpg

FTX Trees HD
atROYNaf_VAS.jpg

VASは、
1439876K → 1402212K
約40MBの減量でした。

次に新千歳空港(RJCC)から、
FSXデフォルトの樹木です。
atRJCCbf_RW01L.jpg
(画像をクリックすると拡大します)

次に、 FTX Trees HD
atRJCCaf_rw01.jpg
(画像をクリックすると拡大します)

同じく、VASについては、
FSXデフォルト
atRJCCbf_VAS.jpg

FTX Trees HD
atRJCCaf_VAS.jpg

VASは、1799784K → 1747192K
ここでは、約50MBの減量といった結果でした。

画像から、FSXデフォルトの樹木と比較して、FTX Trees HDの樹木は背が低くなって小ぶりになったことが分かります。FSXデフォルトの樹木のサイズは樹齢何百年のように大きすぎていたので、その点も改良されました。特に、新千歳空港のRWY01Rへ着陸時に木が邪魔だった訳ですが、それが解消されることになります。それぞれの樹木のグラフィックについては、個人の好みもあるかもしれませんが、緻密な感じになったと思います。特に南国の樹木については、FSXデフォルトのものより良い感じです。VASについては、誤差の範疇といえるような差しかないようですが、減る分にはありがたい改良です。
価格も高いものではないので、購入する価値は十分にあるかと思われます。


ところで、PMDG777がUPDATEされましたね。
VERSIONは、 FSX、P3Dとも v1.10.7025 になりました。
VASの消費量が250MBほど減量されたそうです。
OOMで困っていた方には朗報なのではないでしょうか。。

カテゴリ: FS Addon

[edit]

TB: --    CM: 2   

謹賀新年 2016 

皆さん、あけましておめでとうございます。

IMG_1934.jpg

今年もどうぞよろしくお願いします。


さて、これからセールのOrbxのシーナリをまとめ買いします。自分へのお年玉です(笑)
今日でOrbxのセールはおしまいですね!

カテゴリ: FSX General

[edit]

TB: --    CM: 2   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。