あやしいLanding RWY38

02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04

2015年03月の記事一覧

AI機をコントロール!?(1/2) ~AI Controller 1.4 Beta~ 

FSXで興ざめしてしまうものの一つにAI機の振る舞いがあります。
それは、たとえば羽田空港のRWY04から離陸を始めてしまうことや、西行きの機体がRWY34Rから離陸すると、左旋回をして、そのまま目的地へ向かうことです。
また、AI機の出現率の設定はできますが、FSXの動作が遅くなることを避けるために、大空港に現れる機体数を考慮してAI機の出現数を低めに設定してしまうと、ただでさえ便数の少ないローカル空港でも出現率はそのまま適用されてしまい、機体のいない悲しい空港になってしまうことも、残念な部分だと思います。

こういったAI機の振る舞いに関して、FSXの外部からAI機をSIMCONNECTやFSUIPCなどのインターフェースを通じて、何とかコントロールすることに挑み、成功しつつあるソフトウエアツールです。
(1)AI Controller 1.4 Beta
(2)Traffic Optimizer for FSX/P3D
という、二つのソフトウエアがあります。
今回と次回の二回に渡って、これらのソフトウエアを取り上げてみようと思います。


今回は「AI Controller 1.4 Beta」です。
AVSIMのFSXフォーラムを閲覧されている方にはご存知の事かと思いますが、次のようなスレッドがあります。
AI Controller 1.4 (SID, Jet Route, STAR and Final Approach) (New) Beta
このソフトウエアは数年前から開発がされているものですが、現在もBeta版の位置づけです。
機能としては、AI機のほぼ全ての振る舞い制御しようとするものです。SID、STAR経路に沿った出発/進入経路をフライトさせたり、使用する滑走路に制限を与えたり、タキシング時の管制を実現します。SID、STARにかんしては、他の作者によるSIDSTAR Converterを使用することで、PMDGのSID、STARデータをコンバートして、AI Controllerの制御データとすることができます。


まだBeta版ということもあり、完全な動作は望めませんが、ちょくちょくアップデートされていて、改良が進められています。
主要な空域(空港)の幾つかは、ソフトウエアのパッケージへ一緒に納められていて、その空域の空港の離着陸するAI機の挙動を確認することができます。

KLAX(ロサンゼルス空港)のAI機の離着陸を観察してみましたので紹介します。

こちらはAI Controllerのメイン画面となる「AI Monitor」です。

クリックすると上の画像の等倍のものが開きます←ここをクリック
ここで注目したいのが、Control statusです。AI機によってFSXまたはAI Controllerのどちらかによってコントロールされいるかが分かります。


こちらが、実際にAI機の制御をしているプログラムのモニタです。
aimon_ai.jpg
なつかしのDOS画面ですね。


KLAXに駐機したまま、観察をしてみました。
aimonklax.jpg


AI機の飛行のモニタには、FSC:FlightSim Commander(Aerosoft)を使用してます。
FSCのモニタ画面を16倍速にした動画です。

まずはAI Controllerを使用しないFSXデフォルトのAI機の動きです。



次に、AI Controllerを使用した状態のAI機の動きです。

KLAXのSID、STARに詳しくないと、その違いもよく分かりませんが、AI機はエアルートに向かって飛行していく様が確認できます。



次に、私のホームであるRJTTにて、試した結果です、前述のSIDSTAR Converterを使用して、PMDGのSID、STARデータをコンバートしたものを使用しています。 

RJTTのAI monitor画面。
aimonrjtt2s.jpg
上の画像の等倍のもの←ここをクリック


AI機のタキシングも制御していますが、たまにこのようなおかしな経路をとる機体も見受けられます。
aimonrjtt.jpg


RJTTの周辺のAI機の動きの動画です。(16倍速)

着陸機が混乱している動きもありますが、34Rから離陸した期待は、浦安を廻ってから西へ向かうSEKIDデパーチャや、34Lへ着陸しようとする期待は、KAIHOアライバルを経路としていることが確認できます。
単純にSIDSTAR Converterでデータを変換しただけではダメなようで、実際の運用にAI機の挙動を真似させるには、自分でデータの編集を行う必要があります。


AI Controller 1.4 Betaは、まだその名の通りBeta版ですので、未完成な箇所も多々ありますが、先の動画から、とても期待が持てるソフトウエアだと思います。
ソフトウエア内の設定項目を見ても、上昇/降下に関する設定や、空港毎に設定可能な離着陸滑走路の設定など、わくわくするような設定項目が用意されています。
ソフトウエアの完成までは、まだまだ時間を要するかも知れませんが、とても楽しみなソフトウエアです。

最後に、すでにアップロードされているAI Controllerのインストールに関する動画と、AI Controllerのデモンストレーション(旧バージョン)の動画を貼っておきます。

AIController14InstallandUsage


AISIDSTAR Ver 1 2Q Demo Video


AI Controllerが更新されたら、またその動作具合などをブログに記したいと思います。

カテゴリ: FS Addon

[edit]

TB: --    CM: 5