あやしいLanding RWY38

12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

2015年01月の記事一覧

西海岸へ JL2, RJTT-KSFO 

初フライトです。西海岸へ!

今年の初フライトはサンフランシスコ線としました。
昨年にサンフランシスコまで一人旅をしました。この正月休みは、その旅の復習フライトを兼ねて、北米をフライトして廻ろうと思います。
現在のJL2便サンフランシスコ行きは、羽田の深夜便となっています。私が登場したときはB787-8が使用機材でしたが、B777-300ERに変更されたり、B787に戻ったり、先月からはB777-300ERが充当されているようです。
今回はPMDG777-300ERを使用します。ノーマルな鶴丸ペイントで。(国際線用のONEWORLDリペイントが欲しいです~w)

ところで余談ですが、JL2便に対して、サンフランシスコから羽田へ向かう便がJL1と言う訳です。国際便の便名のつけ方は通常日本から国外空港へ向かう便が奇数、国外から日本国内の空港への便は偶数と設定されるようですが、米国向けの便は、その逆の便名のつけ方とされています。ANAも同様ですね。これにはなにか訳があるのでしょうか。。


国際線ターミナル112番ゲートから00:05出発です。
もうその日の運用が終了した対面する国内線のターミナルとは一転、国際線ターミナルの慌しい時間となります。
ScreenshotsRJTT-KSFO-02.jpg
この深夜発の便って、寝過ごしそうで危ないです。特に一人で搭乗するとき、ラウンジに入ってしまうと、確実に寝てしまうと思います。まあラウンジにいれば入室したことが記録されているので、最悪スタッフの方が探して起こしてくれると思いますが、遅刻して搭乗することには違いありませんw


離陸RWYは05から。深夜の便の離陸はRWY05からが多いようですね。
ScreenshotsRJTT-KSFO-05.jpg
燃料も荷物も満載の777の離陸には不安も感じる滑走路長ですが、計算では大丈夫なはずw
実際B787のときも、いつも乗っている国内線の離陸時の滑走距離よりかなり長く滑走していました。

出発プロシージャはISOGOで、館山上空を通って、太平洋へ出ます。
その後はひたすら暗闇を飛ぶのみ。巡航高度は最初はFL360、最後はFL380まで上がることにして、先ずは360まで上昇したところで、機長は睡眠に付きました。あとはATCは無視することとしますww


朝、起きてまずPCの前へ。無事PCがフリーズすることなく、順調に飛行しています。
RadarContactのATCの管制官には一晩中返事を返していなので、嫌味を繰り返していましたw
ScreenshotsRJTT-KSFO-11.jpg
この画像の地点で、サンフランシスコまでのり2時間半。もう日は昇っていましたが、まだ視界には雲と海しか見えません。


着陸まであと30分となったところでやっと陸が見えてきました。うれしい瞬間です。
それと共に、長距離の締めはナイスランディングで行きたいと、着陸のプロシージャの確認を。
ちょっと緊張が走ります。
ScreenshotsRJTT-KSFO-13.jpg

KSFOのRWY28LのILSのCHARTです。
日本から太平洋を渡って来た飛行機はMENLOを目指してアプローチすることになると思います。
KSFO_ILS28L.jpg


画面中央にサンフランシスコ空港が見えてきました。
ScreenshotsRJTT-KSFO-23.jpg


ILSに乗ってアプローチ中。もう日が沈んでいきます。
こちらではまだ年は明けておらず、12月31日の夕暮れです。日本ですでに年は越したのに、また年越しすることになることにww 頭がこんがらがって来ますww
ScreenshotsRJTT-KSFO-35.jpg


いよいよランディング!
ScreenshotsRJTT-KSFO-36.jpg


ゲートに到着しました。A12番です。
ScreenshotsRJTT-KSFO-46.jpg
JALは国際線ターミナルのボーディングエリアAに到着します。
B787-8のときはスポットA11Aに到着しました。


このサンフランシスコ空港シーナリは、Flightbeam Studios KSFO San Francisco sceneryです。
Flightbeam Studios のシーナリはFSDreamTeamのシーナリと同等のクオリティだと思います。
このKSFOシーナリですが、もうじきグレードアップされたKSFO HDがリリースされるようです。
ScreenshotsRJTT-KSFO-48.jpg
KSFO San Francisco sceneryは、ボーディングブリッジは動きませんので、可動させたい場合にはAESで4クレジットを使う必要があります。KSFO HDでは可動式になるようです。

今回のフライトログです。

フライト時間は8:58、飛行距離は5319nm、使用燃料は162504lbsでした。


最後に今回のフライトのVASの使用量についての確認です。
RJTT出発時は約2.7GB、KSFO到着後は約3.5GBでした。(私のFSX環境に依存する値です)
VAS.jpg
サンフランシスコ周辺のシーナリとしては
前述した、Flightbeam Studios KSFO San Francisco sceneryと、
MegaSceneryEarth 2.0 - California Complete State
MegaSceneryEarth 2.0 - Ultra-Res Cities - San Francisco
を使用しています。
このVASの値はDX10モードでの値ですので、もしDX9モードでの運用でしたらVASの消費量はおおよそプラス0.5GBされます。するとVASは4GBすれすれ値となりますので、KSFO周辺に接近した時点でおそらくOut of Memoryが発生して、FSXはエラーで終了したでしょう。

カテゴリ: FS Flight Log

[edit]

TB: --    CM: 8   

謹賀新年 

皆さん、明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

この日の出の写真、どこを撮影したか分かりますか~?
拡大すると薄っすらと文字が写っています。



さて、年明けすぐに、さっそくフライト中です。ルートはこちら。
IMG_1089_201501010645149ef.jpg
これ、機内のシートに付いてる個人用モニターを撮影したものですので、、、
見づらいですがw

あと2時間半くらいで到着です。PCがフリーズしませんように。。。





おまけ。

この写真、二年前に撮った本当の初日の出の写真です。
今はなきJALのMD-90から。。
IMG_1025.jpg

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: --    CM: 4