あやしいLanding RWY38

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

2014年10月の記事一覧

0 円でフレームレートアップする方法!! 

なんとも胡散臭いタイトルですがww、ちょー簡単にFSXのフレームレート(FPS)を向上させる方法があります。

この方法は、こちらのブログの内容を参考にさせて頂いています。
出典:http://kostasfsworld.wordpress.com/

「0 円でフレームレートアップする方法」とは、マウスカーソルのポジションを変える、それだけですww
それは、下の画像のようにコックピット画面使用時に限定されるものですが、マウスカーソルの位置によって、少しですがFPSが変化することによるものです。

この画像のシチュエーションはテクノブレインのRJTT2、第一ターミナル4番ゲート、機材はPMDG737NGXです。

たとえば、マウスカーソルをFSXのウインドウ内に置いた時のFPSですが、この画像時には14.3fpsを示しています。
FPSは少々変動するものですが、しばらく観察した時のそのFPSの変動は13.3-14.5fpsでした。
bandicam 2014-10-19 11-30-43-388s
マウスカーソルの位置に注目ください!!


次に、マウスカーソルを下の画像のようにFSXのウインドウの外に置きます。このときのFSXのウインドウはアクティブにしたままの状態です。(FSXのウインドウの外をクリックしない)
すると、、、FPSは17.4fpsと向上しているではないですか!!ww
bandicam 2014-10-19 11-31-29-105s
しばらくFPSの変動を観察した値は、16.4-18.0というものでした。
FPSは約3fpsほど向上しています!


と、このようにマウスカーソルの位置を変えるだけでFPSが変化します。このような現象が起きるのはバーチャルコックピット内のスイッチを、常にマウスカーソルが検出しようとしていることで、その処理によるオーバヘッドからFPSに影響をあたえてるものだと考えられます。2Dのコックピット表示で同様な事が起きるのかは確認していません。また確認したのはPMDGの機体のみで、FSXのデフォルト機体の様に簡素なコックピットでも同様なのかは未確認です。

もっとも、このマウスカーソルはFSXのウインドウ内にあっても、しばらくマウスを動かさなければカーソルは消えますので、そのカーソルが消えて表示されていない時は、マウスカーソルがFSXのウインドウの外にある時と同じFPSになるようです。
マウスを少しでもさわってカーソルを動かしてしまうと、FPSは低下した状態になります。

この現象は、コックピット表示の場合に限定されるものですが、重たい空港へアプローチ中などは、マウスカーソルを画面の端にどけておけば、ほんのちょっとだけ滑らかに操作することができるでしょう。

以上、小ネタのTipsでした。。

カテゴリ: FS Tips

[edit]

TB: --    CM: 2