あやしいLanding RWY38

08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

2014年09月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

ドル箱路線 RJTT-RJOO 

ほんとに儲かる訳ではありませんが、ドル箱路線の一つ、羽田-伊丹線を一往復半しました。
ドル箱路線と言えば、なんといっても羽田-新千歳線、羽田-福岡線ですが、羽田-大阪線もそれに匹敵する路線ですね。
関空がもっと大阪市内に近ければ、さらに関空への便数ももっと増えていたかもしれません。


先週は伊丹にステイしていたので、一旦羽田へ、そして、また伊丹へ、そんでもってまた羽田へとフライトしました。

伊丹への着陸シーンです。

後ろ斜めからのいやらしい風を受けてのアプローチとなりました。
approach checklistを忘れていたり、ハードランディングだったりで、イマイチです。バウンドしてしまいました。修行が足りませんw
後から思えば、めったにチャンスのないRWY14Rをリクエストしとけばと、後悔ww


19番ゲートで。



折り返しの羽田へ向けて、RWY32Lから離陸します。

天候もよく、大阪市内や京都が見渡せました。
見所!?は離陸直後に見える日本列島の形を模した昆陽池公園ですww


本日二度目の羽田への着陸です。
夕暮れの着陸シーンとなりました。今日の羽田は一日中東からやや強い風がふいていました。

横風の中の着陸です。ヨタヨタしてますが、これが腕の限界w

上の動画の着陸時のMETER

風向40、16ノットの横風です。


すっかり日も暮れた羽田空港にて。

お疲れ様でした。。
スポンサーサイト

カテゴリ: FS Flight Log

[edit]

TB: --    CM: 0   

Flight trip OZ1055 RJTT-RKSS, OZ1025 RKSS-RJTT, Sep. 2014 

急遽、韓国へ出張となりました。
韓国への出張は残念ながらアシアナ航空で。コードシェアしているANA便のキャンセル待ちをしましたが落ちてこず、アシアナ便での出張となりました。

OZ1055 9:00発
羽田空港へ行くときには京急線を利用することが多いのですが、この日の京急はなんと信号故障で、電車は動いては止まりの繰り返し。便の出発は9:00なのに京急の羽田駅に着いたのはなんと8:45!!
もう、これはさすがにダメかと思いました。乗り遅れたら、チケットが無駄になるだけでなく、出張先でもエライことになるので、命賭けで猛ダッシュ!京急の羽田国際線駅をご存知の方は知っていると思いますが、めちゃくちゃ長いエスカレータを駆け上り、カウンターへ。一瞬にしてチェックイン、セキュリティ、イミグレでも割り込ませてもらって、こんなときに限って遠いところにある106番ゲートまでダッシュ。時計を見ると9:00ちょうど。
幸いにして出発も遅れ気味のようで、ちょうど優先搭乗が始まったところでした。一緒にマラソンしていた同じ境遇の方も数名いらしてました。
息を切らしながらも、ちょっとだけ時間があったので、機材を撮影。
A330-300、レジ番はHL7741でした。

搭乗後、疲れ果てて熟睡してしまいました。

往路の飛行ルートです。Flightradar24で確認しました。

巡航高度はFL380

離陸滑走路はRWY34R。延伸された滑走の端から滑走を開始していました。
出発のプロシージャはMITOHかKANEKかわかりませんが、だいぶショートカットしています。


到着ルートは、おそらくBULLS 1D。
着陸滑走路はRWY14Rでした。



OZ1025 8:40発
さて、帰路に着きます。
帰りの便も朝早く、滞在地は水原(スウォン)だったので、ホテルを5:30に出発。
なぜだか知りませんが、セキュリティが大混雑しています。靴まで脱がされ、鞄は覗かれ、金属探知機は反応しまくり、セキュリティレベルの設定がちょうどテロが発生した時の様です。アメリカ以外で靴を脱がされたのは初めてです。
検査員に理由を尋ねたら、アジア大会が開催されているからとのことでした。スポーツの大会でセキュリティレベルがあがるのは意味が分かりません??
そういえば、韓国入国時のパスポートコントロールでも、40分くらい掛かりましたが、その理由も同様の様です。


帰路の機材はHL7793、往路と同じエアバス機A330-300です。


搭乗ゲートは一番奥の39番。

帰りは窓側の席に変更できました。
すぐ近くまで居住区が迫っています。


離陸滑走路は14L

韓国内では上空からの撮影は禁止されていますので、離陸前にワンショット。


自分のGPSレコーダでの記録データです。



FlightradarでのFLは390でしたが、GPSレコーダでは41000ftと記録されています。
こんなに誤差は生じないと思いますが、原因は不明です。

金浦発の飛行機は、出力を上げずにゆっくりと高度を上げてゆきます。騒音を気にしての事でしょうか。

羽田到着はILS RWY22でした。
あいにくの天候で、視界が開けたのは1000ft前後だと思います。



最後に、着陸時の映像です。着陸寸前、風に煽られてかなり揺れています。

ゆらゆらランディングをお楽しみくださいww


カテゴリ: Flight trip

[edit]

TB: --    CM: 2   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。