あやしいLanding RWY38

08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

2014年09月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

テクノブレインの東京国際空港2 プチ改造 プッシュバック編 

標題の件、プチ改造をやってみました。
fsdreamtesmのGSX(Ground Services for FSX)でプッシュバックされる位置を修正するといった改造です。
もっとも、テクノブレインの東京国際空港(旧作)にも改造は施していたのですが、新作にも同様の改造を行った次第です。
具体的には、東京国際空港2の空港ファシリティデータ「Rjtt2_adex_tb.bgl」ファイルのタキシーウエイを編集します。
ファシリティデータの編集には、Flight1のAirport Facilitator Xを使用しています。

プチなんたらって、もはや死語だったりするのかも知れませんが、オッサンなので気にしませんww

第1ターミナル 1番から4番ゲート
下の画像は、東京国際空港2のオリジナルの状態でGSXでプッシュバックをさせた時の状態ですが、通常、プッシュバックするとそれにつながるタキシーウエイまで、プッシュバックしていってしまいますが、実際の羽田空港では、手前で曲がって終えます。文章だけの説明では分かりので、下のFSXのキャプチャ画像を参照ください。

東京国際空港2のオリジナルのまま

4番ゲートからプッシュバック開始。タキシーウエイHまでプッシュバックしています。

ファシリティデータ改造後

タキシーウエイHの手間でプッシュバックを終えています。実際の羽田空港では、このような運用をしています。
1から4番ゲートには広めの空間があり、幹線であるタキシーウエイHの往来を妨げないように配慮されたものと思われます。

下の図はオリジナルのファシリティデータです。



赤い四角で囲ったように、盲腸状のタキシーウエイを加えると、実際の運用状況と同じプッシュバックをGSXにさせることが可能です。



第1ターミナル 8~11番ゲート、14-17番ゲート
GSXのプッシュバック機能は、どんな空港でも使用可能な便利なものです。GSXを使用している方には分かると思いますが、停止しているスポットのタキシーウエイに、最初に交わるタキシーウエイに対して一回曲がって、プッシュバックをストップするといった仕様です。その最初に交わるタキシーウエイが直角でなかったりすると、不自然な状態でプッシュバックを終えてしまいます。

このキャプチャー画像のような状態です。11番ゲートからノーズが右になるようプッシュバックすると、下の画像の状態になってしまいます。


そこで、ファシリティデータを編集して、下のキャプチャー画像のように正しい位置までプッシュバックをさせるようにしました。



下の図はオリジナルのファシリティデータです。

赤い○で囲ったように、タキシーウエイを編集します。


以上のような改造は、他の空港でも適用可能です。伊丹空港でも同様なことが起こるゲートがありますので、そのまま適用できます。ただし、伊丹空港ではファシリティファイルの扱いが特殊で、オリジナルのものと、編集したものを同時に使用するような設定にする必要があり、ちょっと工夫が必要です。

GSXのバージョンアップでエアポートデータのカスタマイズ化機能が予定されていますが、もしかすると、GSX側の設定で、プッシュバックされる位置の調整が可能になるかもしれません。すると今回のような改造を行わなくてもよくなりますね。

今回は、プッシュバックに関してプチ改造をしました。次は、東京国際空港2でのフレームレート向上のためのオブジェクトファイルの整理をしたいと思います。

スポンサーサイト

カテゴリ: FS Tips

[edit]

TB: --    CM: 8   

ドル箱路線 RJTT-RJOO 

ほんとに儲かる訳ではありませんが、ドル箱路線の一つ、羽田-伊丹線を一往復半しました。
ドル箱路線と言えば、なんといっても羽田-新千歳線、羽田-福岡線ですが、羽田-大阪線もそれに匹敵する路線ですね。
関空がもっと大阪市内に近ければ、さらに関空への便数ももっと増えていたかもしれません。


先週は伊丹にステイしていたので、一旦羽田へ、そして、また伊丹へ、そんでもってまた羽田へとフライトしました。

伊丹への着陸シーンです。

後ろ斜めからのいやらしい風を受けてのアプローチとなりました。
approach checklistを忘れていたり、ハードランディングだったりで、イマイチです。バウンドしてしまいました。修行が足りませんw
後から思えば、めったにチャンスのないRWY14Rをリクエストしとけばと、後悔ww


19番ゲートで。



折り返しの羽田へ向けて、RWY32Lから離陸します。

天候もよく、大阪市内や京都が見渡せました。
見所!?は離陸直後に見える日本列島の形を模した昆陽池公園ですww


本日二度目の羽田への着陸です。
夕暮れの着陸シーンとなりました。今日の羽田は一日中東からやや強い風がふいていました。

横風の中の着陸です。ヨタヨタしてますが、これが腕の限界w

上の動画の着陸時のMETER

風向40、16ノットの横風です。


すっかり日も暮れた羽田空港にて。

お疲れ様でした。。

カテゴリ: FS Flight Log

[edit]

TB: --    CM: 0   

Flight trip OZ1055 RJTT-RKSS, OZ1025 RKSS-RJTT, Sep. 2014 

急遽、韓国へ出張となりました。
韓国への出張は残念ながらアシアナ航空で。コードシェアしているANA便のキャンセル待ちをしましたが落ちてこず、アシアナ便での出張となりました。

OZ1055 9:00発
羽田空港へ行くときには京急線を利用することが多いのですが、この日の京急はなんと信号故障で、電車は動いては止まりの繰り返し。便の出発は9:00なのに京急の羽田駅に着いたのはなんと8:45!!
もう、これはさすがにダメかと思いました。乗り遅れたら、チケットが無駄になるだけでなく、出張先でもエライことになるので、命賭けで猛ダッシュ!京急の羽田国際線駅をご存知の方は知っていると思いますが、めちゃくちゃ長いエスカレータを駆け上り、カウンターへ。一瞬にしてチェックイン、セキュリティ、イミグレでも割り込ませてもらって、こんなときに限って遠いところにある106番ゲートまでダッシュ。時計を見ると9:00ちょうど。
幸いにして出発も遅れ気味のようで、ちょうど優先搭乗が始まったところでした。一緒にマラソンしていた同じ境遇の方も数名いらしてました。
息を切らしながらも、ちょっとだけ時間があったので、機材を撮影。
A330-300、レジ番はHL7741でした。

搭乗後、疲れ果てて熟睡してしまいました。

往路の飛行ルートです。Flightradar24で確認しました。

巡航高度はFL380

離陸滑走路はRWY34R。延伸された滑走の端から滑走を開始していました。
出発のプロシージャはMITOHかKANEKかわかりませんが、だいぶショートカットしています。


到着ルートは、おそらくBULLS 1D。
着陸滑走路はRWY14Rでした。



OZ1025 8:40発
さて、帰路に着きます。
帰りの便も朝早く、滞在地は水原(スウォン)だったので、ホテルを5:30に出発。
なぜだか知りませんが、セキュリティが大混雑しています。靴まで脱がされ、鞄は覗かれ、金属探知機は反応しまくり、セキュリティレベルの設定がちょうどテロが発生した時の様です。アメリカ以外で靴を脱がされたのは初めてです。
検査員に理由を尋ねたら、アジア大会が開催されているからとのことでした。スポーツの大会でセキュリティレベルがあがるのは意味が分かりません??
そういえば、韓国入国時のパスポートコントロールでも、40分くらい掛かりましたが、その理由も同様の様です。


帰路の機材はHL7793、往路と同じエアバス機A330-300です。


搭乗ゲートは一番奥の39番。

帰りは窓側の席に変更できました。
すぐ近くまで居住区が迫っています。


離陸滑走路は14L

韓国内では上空からの撮影は禁止されていますので、離陸前にワンショット。


自分のGPSレコーダでの記録データです。



FlightradarでのFLは390でしたが、GPSレコーダでは41000ftと記録されています。
こんなに誤差は生じないと思いますが、原因は不明です。

金浦発の飛行機は、出力を上げずにゆっくりと高度を上げてゆきます。騒音を気にしての事でしょうか。

羽田到着はILS RWY22でした。
あいにくの天候で、視界が開けたのは1000ft前後だと思います。



最後に、着陸時の映像です。着陸寸前、風に煽られてかなり揺れています。

ゆらゆらランディングをお楽しみくださいww


カテゴリ: Flight trip

[edit]

TB: --    CM: 2   

RJSS ILS Y RWY27 基礎旋回 

仙台空港へ、基礎旋回方式にて着陸してみました。

使用滑走路はRWY27
RJSSのILS Y RWY27のチャートは下記のようなものです。

仙台VOR SDEを目指して空港上空まで、その後方位112°で8nmまで飛行。
左ターンしてRWY27のILSをキャプチャーするという手順です。
ILSのローカライザをキャプチャーした後、YUCCAから降下進入角度3°で降下します。


左ターン後はマニュアルで着陸してみました。

フレアが少し足りなかったですね。。

この動画、Bandicam無料版を使ってるので、中途半端なところで終わってますww

カテゴリ: FS Training

[edit]

TB: --    CM: 2   

週末フライト RJTT-RJCC-RJTT-RJOO-RJSS-RJOO 

なんとか父親の義務をぎりぎりのところで果たしながら、この週末にフライトを5レグ完了しましたw
その内容は下記に簡単に。

RJTT-RJCCの往復
RWY34R

RWY32Rは延伸されましたが、国内線の使用では、ランウエイエンドよりひとつ手前の誘導路からで十分離陸できます。


すっかり日が落ちた新千歳空港



羽田空港4番ゲートにて


この後、RJOOへ

RJOO-RJSSの往復
仙台空港

AESをアクティベートしました。


福島方面から茨城を望みます。

今日は、関東から関西にかけては良い天気でした。


奈良盆地、大阪平野を望みながら、伊丹空港へアプローチです。



伊丹空港へ着きました。これで5レグ完了。


今週末のフライトルートです。
RJTT34R-RJCC01R
RJCC01L-RJTT34R
RJTT05-RJOO32L
RJOO32L-RJSS27
RJSS09-RJOO32L


以上、家族の攻撃をかわしながらのフライトでしたww

カテゴリ: FS Flight Log

[edit]

TB: --    CM: 4   

Flight trip JL517 RJTT-RJCC, JL500 RJCC-RJTT, Sep., 2014 

出張で新千歳まで行ってきました。
9月1日より航空法が改正されて、機内での電子機器の使用制限が緩和されたことから、離着陸時にデジカメなどを使用できるようになりました。普段、出張では心にあまり余裕がないので、写真を撮ったりすることもないのですが、今回、改正後の初搭乗したので、はしゃいで写真を撮りまくりました。



JL517 13:00発
同行者とは羽田のラウンジで待ち合わせです。



今回お世話になる機体。JA8977
旧JAS機でレインボーセブンだった機体ですね。
JASでの777初号機でしょうか。

機内はJAL SKY NEXTシートに替えられており、古さは感じません。
新千歳行きはどれも満席だったのですが、ちょうど応用物理学会とANAオープン(ゴルフ)が重なっていたようです。
ホテルもまったく空いてなく、直接ホテルに電話しまくってようやく寝床を確保しました。


おかげで、窓側をGETできなく、往路はつまらない旅となりました。
新千歳到着後、タクシーからワンショット。






JL500 8:00発
さて、現地での仕事もおわり、帰路につきます。
空港へ向かう途中、見覚えのある格納庫が。。。

これ政府専用機の格納庫でしたっけ??


空港到着後、機体を撮影をと展望デッキに向かいますが、OPENは8:00より。。。



しかたなく、フードコートあたりの場所から、今回お世話になる機体を撮影。
JA8978、こちらも旧JAS機でレインボーセブンだった機体ですね。

さすがに始発便なので座席数にも余裕があり、アップグレードクーポンが残っていたので、ファーストクラスに変更しました。


窓側をGETできたので、写真とりまくりww
これまでは撮影できなかったシーンです。

既に4機がRWY01Lに向けてタキシング中です。


離陸直後の新千歳空港!!

遠方には支笏湖が見えます。天気も良好です。


北海道ともお別れです。

FSXでまた来るとしましょう。


旅ブログみたいですが、朝食を撮影。



降下開始は福島手前より。
筑波山と写真左上には小さく富士山も。



千葉市上空を飛行。

高度8000ftほどです。


RWY34Rへ向けて旋回中。



RWY05の直上を。。。



9番ゲートへ向けてタキシング中。
FSXでいつも使用している4番ゲート。



9番ゲートへ到着です。

ブログで紹介できる写真は枚数も限られますが、撮影した写真の枚数は240枚ほどでしたww


最後に、本日の飛行をデータで振り返ります。
搭乗前の悪天予想図

福島あたりで偏西風を横切ります。福島あたりからの降下中揺れるとのアナウンスがありましたが、さほどでもありませんでした。


帰路のルート。GPSロガーで記録したものです。
RLCC-RJTT

TOBBYあたりからGOC(DAIGO)へ一直線。空路Y10にぴったし沿って飛んでいるという訳でもなさそうです。
RJTTへはCACAO(CREAM)で。

FLは390。仙台を過ぎたあたりでFL350まで高度を下げています。
降下開始は福島の手間あたりから。



RJCC RWY01Lから



RJTT RWY34Rへ


カテゴリ: Flight trip

[edit]

TB: --    CM: 2   

本日のフライト 羽田-新千歳、羽田-八丈島 

三連休もあっという間。最終日は家でフライト三昧となりました。

RJTT-RJCC、RJCC-RJTT
RJCC RWY01Rへ着陸です。

編集も音楽もなしでつまらない動画ですね。




折り返し、RJTT 34Rへ

滑走路が延伸されています。


RJTT-RJTH、RJTH-RJTT
久々に八丈島へ飛んでみました。
めったに使わないSID MIURAで。


八丈島空港シーナリはFlight Simutator Maniacsさんで頂いたものです。ありがとうございます。

Bandicamの無料版は録画時間が10分までですね。買ってしまおうかな。

本日のフライト
RJTT16L-RJCC01R
RJCC01L-RJTT34R
RJTT05-RJTH26
RJTH08-RJTT22


カテゴリ: FS Flight Log

[edit]

TB: --    CM: 2   

AES 2.36 

Airport Enhancement Services(AES)のアップデートを行いました。
近頃のAESは、新たな機能追加はなく、空港データの追加のみですね。

AESはP3Dでは対応しないツールを使用して作成されているようで、作者の方も、P3Dへの対応を検討されてるとかForumで言ってましたが、その後どうなっているんでしょうか。。作り直しに近いものがあると思いますが・・・。

fsdreamteamのGSXを入れてるので、それで事足りるといえばそうですが、AESのボーディング・ブリッジの作りとプッシュバックの挙動はGSXより優れてたりするので、AESに対応している空港ではそれを使用しています。

AES2.36ではWingCreationの仙台空港に対応しましたので、Activationしました。
おなじくWingCreationの福島空港は0CreditでActivationできました。


福島空港での風景。

AESとGSXの両ソフトを共用しています。
Caterring serviceはGSX、PushbackはAESを使います。

ボーディング・ブリッジの挙動は、シーナリのデフォルトのものなどと比較して、精度よく機体に接します。
シーナリのデフォルトのものは機体との間に隙間が開いたり、変な角度で接したり、ボーディングブリッジが伸びすぎて途中で切れたりしますが、AESのものはそういったこともほとんどありません。
テクノブレインさんのシーナリもAESに対応(AESが対応)して欲しいのですが、如何なものでしょうか。

カテゴリ: FS Addon

[edit]

TB: --    CM: 2   

早朝フライト JL300、RJFF-RJTT 

福岡まで往復しました。昨夜、最終便JL335で福岡入り。そして今朝の始発便JL330で羽田まで。
新しくなったRJTTへ着陸することが目的です。

福岡空港7:00発。ですが、FSXでは日本国内でも時差が生じますので、福岡空港では時間を6:00と設定します。



RJFF RWY16からYOKATデパーチャで松山空港のすぐ側のMPEを経由します。

瀬戸内海上空を飛行。快晴までとは言えませんが、良い天気です。


FSの世界も秋になり、テクスチャも秋色になりました。


RJTTへはARLONからRWY34Lへ

16番ゲートへ到着。

羽田-福岡往復ルート
RJTT05-RJFF16
RJFF16-RJFF34L



RJTTへの着陸シーンの動画です。
直接Bandicamで録画したので、FPSに影響して、若干カクカクしています。
撮りなおしがきかないので、緊張しましたww

無風なのにふらふらしていますw

9月1日から、航空法が改正されて、電波を発しない機器の使用の制限が緩和されましたね。
離着陸の際に、デジカメで撮影が出来るようになりました。これは楽しみが増えるww

カテゴリ: FS Flight Log

[edit]

TB: --    CM: 4   

FSアドオンコレクション東京国際空港2 (2/2) 

前の記事のFSX動作環境条件にて、東京国際空港(旧作)と東京国際空港2(新作)のフレームレート(FPS)の差を比較してみました。
私自身がよく使用するゲートや着陸時のシチュエーションごとに幾つかのケースを設定して、
FPSを記録しました。
FPSの計測はFSXのFPS表示と、RadeonProのOSD SettingによるFPS Counterを利用しました。
RadeonProとは、AMDのRadeon Video Cardの設定を、より高度に行えるツールです。AMDのVideo Cardの標準付属ツールであるCCC(Catalyst Control Center)のみでは設定できない項目を操作することが出来ます。そのRadeonProの機能のひとつにFPSをFSXのウインドウの隅に表示する機能があります。

ケース1
第一ターミナル4番ゲート 外部視点
旧作

新作

私がいつも利用しているゲートです。
まず新作をインストールして最初に気が付いたのはテクスチャが精細になったことです。コンクリートの地面はREX4のテクスチャを利用するように変更したと思われます。
ボーディング・ブリッジもよりステップが付け加えられたりして、精細になっています。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  20.2-26.2 : 24.9-26.0
新作  23.1-27.6 : 26.6-27.4

PMDGの機体では特にコックピットでFPSが悪いため、外部視点では、機体のFPSに対する影響の度合いが低く、シーナリがFPSに及ぼす影響を読み取りやすいと思われます。
このシチュエーションにおいてFSXのFPSで10-20%ほどFPSが向上しています。

ケース2
第一ターミナル4番ゲート コックピット視点
旧作

新作


FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  14.4-17.8 : 16.2-16.4
新作  15.1-18.8 : 15.7-17.6

機体のFPSの悪さが影響されるコックピット視点ですが、実際に操縦するのはこの視点ですので、このコックピット視点でFPSが向上しなければ意味がありません。
この視点では、FPSの向上は1-2FPSですが、この低FPSのレベルでは大きな向上です。

ケース3
第二ターミナル68番ゲート 外部視点
旧作

新作


もともと、視界にオブジェクトの数は多くなく、羽田空港の中でもFPSが良好なスポットです。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  26.2-29.6 : 28.3-30.0
新作  26.5-30.5 : 29.6-30.1

このスポットでは、もともと十分なFPSが出ていたので、あまり差異はありません。
最大のFPSをFSXの設定で31、RadeonProの設定で30にしているので、それらの値で頭打ちになっているものと思います。

ケース4
第二ターミナル68番ゲート コックピット視点
旧作

新作


こちらもケース3と同じですが、FPSは20%ほど向上しています。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  17.9-22.0 : 19.4-22.3
新作  19.6-27.2 : 24.5-25.1


ケース5
ハイスピードタキシングウエイB2 コックピット視点
旧作

新作

RWY22からハイスピードタキシングウエイB2へ離脱後に国際線ターミナルと第一ターミナルが同時に視界に入るところです。
羽田空港シーナリの中でも重たい部類に入るスポットだと思います。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  12.2-14.6 : 12.9-13.0
新作  14.4-19.2 : 16.9-17.8

ここでのFPSの向上は非常にうれしいです。
実際に操縦してみてもカクカク感は激減しました。

ケース6
RWY34Lアプローチ 高度180ftくらいにて コックピット視点
旧作

新作


このテストでは自動着陸にしていますが、マニュアルでの着陸時には、繊細な操作が必要なところです。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作   12.6   : 13.1
新作   15.1   : 13.4


ケース7
夜間 RWY34Lエンドにて 外部視点
旧作

新作


FSXの夜間は特にFPSが低下するものですが、新作のFPSの高さが見て取れます。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  16.6-19.1 : 17.9-18.8
新作  18.5-24.5 : 23.5-24.6


ケース8
夜間 RWY34Lエンドにて コックピット視点
旧作


新作


ケース7と同じく、新作のFPSの改善が感じられます。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  11.5-14.0 : 12.9-18.1
新作  16.6-19.1 : 17.8-18.8

まとめ
新作の東京国際空港2はFPSを計測するまでも無く、フレームレートの向上はすぐに感じ取れました。私はシーナリを作成できる能力はありませんので、どのような方策をとってFPSの改良を行ったのかは想像することは出来ませんが、それぞれのオブジェクトを見ても、微妙な形状の変化やテクスチャの違いが見て取れます。それなりに手間隙掛けて、このシーナリを再作成したのではないでしょうか。
テクノブレインさんはそこそこの規模のソフトハウスのようで、有志が集って起業したような他のシーナリメーカとは事情がことなり、それなりに間接費や管理費も製品に乗っかってると勝手に想像しますが、優待価格の価格設定の面では、やっぱり前作のユーザの気持ちも汲み取ってもらいたかったと思います。
この優待価格でも、流通経路を通らない分、テクノブレインさんの取り分は、通常の販売と同等なのではないでしょうか。
とはいえ、衰退しまくった日本のFS界で、日本の空港シーナリを提供して頂いていることには私自身感謝したいです。

今回は主にFPSに関しての感想となりましたが、FSXのもうひとつの大きな課題であるVAS (Virtual Address Space)の消費量に関しては、前作とほぼ同等で、私の環境で約3GBでした。

最後にひとつ気にかかることといえば、私のFSXはDirectX10モードで動作させていることです。これがFSXの動作モードで標準的はDirectX9ではどのような結果になるのかは確認していません。テクノブレインさんのWEBでもわざわざDirectX10モードで動画を紹介していたりするので、そちらに最適化した作成方法をとっているのかも知れません。

カテゴリ: FS scenery

[edit]

TB: --    CM: 2   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。