あやしいLanding RWY38

08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

2014年09月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

FSアドオンコレクション東京国際空港2 (1/2) 

予約したこともすっかり忘れていたのですが、帰宅したら届いておりました。
「FSアドオンコレクション東京国際空港2」


優待価格なのにお店での販売価格と大差ないということから、不評を買っていましたが、FSXでもベース空港にしていることと、実際にもよく羽田空港には訪れることから、拡張工事などによってシーナリと実際の差が気になっていて、最新の羽田空港になればと思い、予約していた次第です。
フレームレートも向上するとの謳い文句だったので、そちらにも期待したいところです。なにせ、テクノブレインさん東京国際空港Xは、数ある空港シーナリの中でも屈指のフレームレートキラーシーナリですからね。


早速インストールしました。先ずは旧東京国際空港Xをアンインストール後に、SETUPプログラムを起動します。

英語版のWindowsを使用しているので、国内のソフトは勘でボタンをクリックしますww

インストール後のシーナリライブラリ。
プライオリティは旧作と同じ位置にしました。東京フォトシーナリの下です。

旧作(FSAC_RJTT_FSX)をアンインストールしたにも関わらず、チェックBOXはONのままでした。
気が付かないと、旧作と新作が同時にONになってFPSがガタ落ちになってしまいます。


いつもの第一ターミナル4番ゲートにPMDG 737NGXで起動しました。

いきなりの印象ですが、軽いです!テクスチャも少しシックな感じになっています。
ボーディング・ブリッジも精細な造りに変わっています。

これは期待できそうということで、旧作と新作のフレームレートの比較をしてみたいと思います。

フレームレートの比較にあたって、FSXの動作環境を紹介します。
私のFSXのPC環境はこの記事を参照ください。
FSXはDirectX10モードで使用しています。

RJTTと同時にロードされるシーナリは、プライオリティの高い順に、
1) TOKYO_X
2) YOKOHAMA_X
3) Tokyoフォトシーナリ
4) FSAC_RJTT2_-FSX
5) Japan Stellite Image Scenery
6)Japan Terrain Mesh Scenery
   TerrainMesh_10_38
   TerrainMesh_9_76
   TerrainMesh_LOD8_152
7))FS Global 2010
です。

AI trafficには Ultimate Traffic2を使用していて、出現率は60%としています。

フレームレートに影響しそうなセッティング項目は以下の通りです。
FSXのシーナリセッティング


DISPLAYのセッティング


天候も影響しますので、Active Aky Nextで天候の日時を Historical Weather Mode で2014年1月1日12:00に合わせて、この日時を基準として、フレームレートを計測します。この日は晴れていて、雲も少ない日です。


使用機体は、PMDG 737NGXです。

次の記事に続きます。

カテゴリ: FS scenery

[edit]

TB: --    CM: 0   

帯広空港へ JL1153 RJTT-RJCB、JL1156 RJCB-RJTT 

暑いので、涼しげな帯広へ飛んでみました。
FSXの帯広空港は飛想会で頂いたものです。

いつもの悪天予想図

四国、九州は前線がかかって悪天候ですね。

これまたいつもの4番ゲートより出発です。

JL1153 11:40発 ほぼ定刻の出発です。

SIDはSYE。



福島の上空

空港周辺、、、なんだか、残念なことになっています。

帯広空港のMETAR

特筆するようなことはなく、RWY35へ着陸します。

襟裳岬


十勝平野
もうすぐ着陸です。




到着しました。3分遅れ。



折り返しの時間まで、受験生の子供をしばいてやりましたw

折り返しはJL1156で。 16:15発
ですが、機長の突然の腹痛により10分送れww

マイルールにより、PAUSEは使いません。。
出発もRWY35から
SIDはRACKOです。

帰りも襟裳岬に沿って。


Flightradar24で同時刻にとんでいるJL1156を確認します。

実際の飛行機は空路を無視して、直線的にウエイポイントを目指すことが多いですね。
実機は離陸後、仙台空港まで、一直線に飛んでいます。


羽田へのアプローチ中、使用滑走路が変わりました。RWY34Rから23
大慌てで、CDUに打ち込みます。
LDA Z RWY23 目指し、DELCAで旋回中。



日も暮れてきました。


左手にRWY23が。


Landing。



4番ゲートへ戻ってきました。

34Rから23に変更された分、8分遅れまで短縮されました。

実機はというと、たぶん滑走路変更のため、上空でホールディングしたようです。



今回のフライトルート
RTTT34R-RJCB35
RJCB35-RJTT23



順番は前後しますが、実機の行きのJL1153のフライトルート

実機は福島まではY11、過ぎてから仙台の方向へ向かって進路を変えていました。

カテゴリ: FS Flight Log

[edit]

TB: --    CM: 0   

いまさらながら、初動画 

初めてFlight simulatorの動画をyoutubeにアップしてみました。

ベタですが、セントマーチンへの着陸です。






乗客視点の動画のアナウンスがおかしくなってました。


フライトの動画、やってみると結構たのしいですね。
つぎは編集をやってみたいです。どの編集ソフトがいいでしょうか。

カテゴリ: FS Video

[edit]

TB: --    CM: 10   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。