あやしいLanding RWY38

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

2014年08月の記事一覧

名古屋市内観光 2014年8月 

名古屋を訪れたついでに、名古屋市内を駆け足で観光してきました。

まずは、名古屋駅から あおなみ線に乗って、金城ふ頭を目指します。


見えてきました。リニア鉄道館
飛行機がお好きな方の中には、鉄ちゃんなお方も多いのではないでしょうかww
私もそうです。。

JRのマークが。JR東海が経営してるようです。

なかに入ると沢山の実車両が。

この鉄道館の売りは、鉄道シミュレータを操作できることですが、それは抽選で当たった人だけです。
くじ運の悪い私はもちろん外れましたw


リニアも新幹線も良いと思いますが、やっぱりこの世代の車両に惹かれますw
これとか、

でも、やっぱり165ではなく153ですよね!ww

あと、こちらとか、

元祖振り子車両ですね~。

この鉄道館、たしかに展示車両の数は多いですが、それがどういった車両なのか、どこで活躍したのか、そういった事にはあまり赴きを置いていないようで、また車内に入れる車両も限定されており、ちょっと物足りなさを感じてしまいました。


早めに切り上げて、金城ふ頭から、再度、名古屋へ。
名古屋駅からタクシーに乗っかり、、、



名古屋城といえば、もちろん、、、


天守閣から、名古屋駅方面を。



駆け足観光なので、次へ向かいます。
地下鉄で名古屋港へ。

南極調査船 ふじ


お台場の船の科学館で宗谷を見学したこともありますが、
歴代は、宗谷→ふじ→しらせ→しらせ(二代目)だそうです。


散髪屋

手先の器用な船員の方が、なんちゃって理容師をやっていた模様ww

航海ルートです。


南極調査船ふじのすぐ側には名古屋港ポートビルがあります。その中には小規模ですが名古屋海洋博物館も。
ふじ、水族館とチケットが抱き合わせで安くなっていたので、こちらもついでに。



名古屋海洋博物館です。


展望階に上がって、、、


眼下には、先ほど見学したふじと、水族館が。

あいにく雨が降ってきて、見晴らしはイマイチでした。


名古屋港水族館に入ります。

私はアクアリウムの成分ももっていますので、旅先での水族館は外せません!!ww

こちらの水族館はイルカの飼育に力を入れているようです。イルカ水槽だけでも4つくらいありました。


いわしショー


残念ながら、珊瑚のでっかい水槽は改築中のようで、小さな水槽に珊瑚が小分けされて展示されていました。
こちらは、好日性のソフトコーラルとLPSのハードコーラルが半分づつ展示されています。

このチジミトサカの感じは、水槽の中で増えたようですね。ハタタテハゼ、ハナダイやハナゴイがいい感じで泳いでいます。

こちらはSPS系のハードコーラル。主にミドリイシの水槽。



ペンギンさんもいらっしゃいました。。

名古屋港水族館は、結構規模の大きい水族館でした。休日なのに混雑もなく、よく観察することが出来ます。

しかし、一日にこれだけ回ると、最後のほうは疲れてどうでもよくなってきます。。

金山まで、地下鉄で戻り、ミュースカイに乗車。

空港へ向かいます。

セントレア空港。

この空港、そんなに便があるわけでは無いですが、結構人がいます。レストランも行列が出来ているところも結構あったりして。飛行機を見物しにきたような家族連れも結構見受けられました。




カテゴリ: Trip

[edit]

TB: --    CM: 4   

Flight trip JL141 RJTT-RJGG, Aug. 2014 

プライベートな目的で名古屋へ行く用事ができました。名古屋へ出張するときには、さすがに飛行機って訳には行きませんが、今回はプライベートなので、飛行機をチョイス。
羽田空港に来ました。


悪天予想図では、太平洋側の東海方面は揺れが予想されます。

羽田-中部路線を利用するのは初めてなので、どこを飛んでゆくのか楽しみです。

今回お世話になる機材。B738、レジ番はJA303J。国際線用の機材です。

沢山存在するJAL EXPRESSのB738ではなく、JAPAN AIRLINESのB738です。


23ゲートから出発です。以前は、このゲートスカイマークが使用していたけど、A330導入のために、使用ゲートをJALと交換したようですね。現在23、24番はJALが使用しています。



この便はClass-J席の設定は無かったですが、前方の席を予約すると、ビジネスクラスの座席でした。

タキシングではRWY16Lへ向かっています。ということはSEKIDデパーチャですね。

東京の北側を回って上昇します。



短距離路線ってことなので、巡航高度も低いです。たぶん20000ft以下だと思います。
雲のすぐ上を飛行します。ずっと揺れていました。

この地形、あとでGoogle Mapで確かめたら、長野県伊那市の辺りでした。

雲のため、視界は悪く、RWY18へはILSにのって着陸したようです。
強めのリバーサーとブレーキで、最短のハイスピード・タキシーウエイへ入ったようです。滑走路長のセンターの辺りで滑走路から出ました。アルファ5からアルファ、ブラボー6を経由して、デルタ6、スポット9へ到着。
FSXでも、ここ9番ゲートを利用していましたww

あっという間に到着。初めての中部国際空港です。



その後、名鉄の特急に乗って、名古屋市内へと向かいました。



搭乗後、Flightradar24で、実際のフライトルートを確認しました。
ずいぶんと北側を遠回りしてきたように思えますが、悪天予想図から予想されるように、太平洋側の不安定なところを避けたルートを選んだのでしょう。

飛行高度はFL180で、途中南アルプスを過ぎたあたりから15000ftまで高度を下げていました。

出発のプロシージャはSEKIDではなく、KANEKだったようです。
空路はY16,Y88に沿って飛んでいたように見えます。
到着は多分SWINGあたりからレーダ誘導でILSですかね~。

帰りのフライトについてはまた後ほど。。

カテゴリ: Flight trip

[edit]

TB: --    CM: 2