あやしいLanding RWY38

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

カテゴリー「FS scenery」の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

長崎空港開港!! 

リリースを待ち望んでいたWingCreationさんの長崎空港(RJFU)シーナリが発売されたので、購入しました。
先に発売されたPacSimの長崎空港がセールをしていたので釣られる寸前でしたが、他のセール品に釣られて何とか踏みとどまる事が出来ましたww
PacSimのものと比較した訳ではないですが、結果から言えば、WingCreationさんのRJFUを買って良かったと思います。


長崎空港のAERODROMEのチャートです。
rjfu_ad.jpg
滑走路は14/32の構成です。WingCreationさんのWebにもあるように大村航空基地の18/36も含まれています。
長崎空港のWikiはこちら。


RJFUのターミナルは国際線含めて5本のボーディングブリッジが設けられ、地方空港としてはそこそこの規模の空港です。
Screenshot_20141207103304376.jpg


RWY32からターミナルを見ます。
Screenshots7777-01.jpg


大村湾に浮かぶ島を埋め立てにより拡張して作られた空港ですが、このシーナリでは護岸の作りもしっかりされています。
Screenshotaaa.jpg
海と空港(陸地)の境界がテクスチャの色だけだったFS2004の時代と比べ、大きく進化したと思います。


空港周囲の作りこみを見てみたいと思います。
TOP-DOWN表示。
Screenshotsrjfu-07.jpg
茶色の部分が長崎空港シーナリで作成された領域です。
私は普段、日本国内のシーナリとしてJapan Satellite image Sceneryを使用していますので、空港シーナリの外周はそのテクスチャで万年新緑カラーとなっています。


RWY32からTakeoffしたシーン。
Screenshot777.jpg
Japan Satellite image Sceneryと、冬テクスチャー状態の長崎空港の組合せなので、色調の具合がよろしくありません。


同じく、RWY32からTakeoffしたシーン。
Screenshotsaaaa-03.jpg
こちらはFTX Base, Vectorと長崎空港シーナリとの組合せです。
当然ですが、こちらの組合せのほうが、違和感のない風景となります。


こちらもFTX Base, Vectorと長崎空港シーナリとの組合せです。
Screenshots7777-09.jpg
大村市の大村公園付近も作りこまれています。



長崎空港でのフレームレートを確認しました。機材は現在もっとも処理の重たいPMDG777-300。
RWY32側
Screenshots7777-03.jpg
20fps前後のフレームレートです。

RWY14側
Screenshots7777-06.jpg
同じく20fps前後ですが、RWY32側より表示されるオブジェクトが多い分若干FPSが落ちる感じです。
ですが、エプロン部含めて、フレームレートは良好だと思います。

次に気になるVSAの確認です。
Screenshots7777-04.jpg
こちらも2.9GB程度で、メモリの使用量も問題になることは無いと思われます。

※ FPS、VASともに私のFSX環境での値ですので、シーナリの組合せ、使用しているアドオンソフト、PCの能力によって異なると思います。私のPCの環境は、こちらを参照ください。



WingCreationさんのWebにあるように、空港シーナリの再現度に自信があるようなので、私が撮影した写真と比較をしてみたいと思いますww
6番ゲートに駐機中の機内からターミナルを撮影した写真です。
IMG_4423.jpg
こちらはFSX
Untitledspot6.jpg


リムジンバスからターミナルを撮影したもの
IMG_4057.jpg
FSX。
Screenshotsrjfu-03.jpg
照明のポールの位置や向きまで再現されてる気がしますw


同様にリムジンバスから。
IMG_4059.jpg
FSX
Screenshotsrjfu-04.jpg


さらに同じく管制塔を撮影したものです。
IMG_4061.jpg
FSXで。
Screenshotsrjfu-06.jpg
確かに忠実度は高く、よく再現されていると思いますww


自動販売機もw
Screenshotsrjfu-01.jpg
こんなしょうもないこだわりが大好きですww


以上、長崎空港は待った甲斐があったと思います。フレームレートは特別軽いというものではありませんが、私のFSX環境では全く問題なくアプローチできますし、VASの問題もありません。
欲を言えば、空港周辺ももっと広範囲に作りこんでもらえるとうれしかったです。

四季のテクスチャの変化や、特に桜の開花もあるようなので、春になるのを楽しみに待ちたいと思います。





おまけ。
昨年、長崎を旅行した時の写真です。

グラバー邸から長崎港、稲佐山の風景です。


日本三大夜景のひとつ、稲佐山から見る長崎市内です。
IMG_4256.jpg
凍えながら、日の落ちるのを待ちました。

夜景。
IMG_4347.jpg
コンデジでの撮影なのが残念ですが、実際はもっと煌びやかな夜景です。


おしまい。
スポンサーサイト

カテゴリ: FS scenery

[edit]

TB: --    CM: 2   

Ninoy Aquino International Airport (RPLL) and Metro Manila 

PacSim で Holiday Season Sale をやっていて40%引きに釣られてポチッとしてしまいましたw
Ninoy Aquino International Airport (RPLL) and Metro Manila 

一度でも訪れた空港シーナリーは購入していますので、このマニラ空港シーナリは前から購入したかったものです。
思えば15年程前に一度だけフィリピンへ行ったことがあります。その時の記憶はもうだいぶ薄れてきてはいますが、まだ海外なれしていない頃、幾つか衝撃的な体験がありました・・・。


さっそくインストールして、空港内をうろついてみました。
これは古くからある第一ターミナル。JALは今でもこのターミナルを使用しているようです。
rpll4.jpg
(画像はクリックすると別ウィンドウで開き、それをさらにクリックすると大きく表示されます)
滑走路脇の草の表現が良い感じです。


第二ターミナル。フィリピン航空(PAL)が使用しているターミナル。
rpll6.jpg
フィリピン航空の機材のほとんどがエアバス機です。ボーイング機は777が数機だけのようです。

樹木の植え方も良い感じですね~。


もっとも新しい第三ターミナル。ANAはこちらを使用してます。
rpll7.jpg
後ろに広がるメトロマニラの町並みがそれっぽくて雰囲気が出ています。


そして、滑走路エンドにあるのが第四ターミナル。現在はLLCが使用している様ですが、私が訪れた頃は国内線はこちらからの搭乗でした。
rpll5.jpg
こうやって書いていると、記憶がよみがえってきます。。


RWY06へアプローチ。
rpll3.jpg
このごちゃごちゃした町並み越しにアプローチするのは楽しそうですね。


引いて見渡すと、かなり広範囲に作りこまれていることが分かります。



汚れた残念な感じの南の海もうまく表現されています。
rpll2.jpg


こちらは夜景。RWY06へアプローチですが、滑走路の照明が暗い感じ。
これは私のFSX環境によるもののせいかも知れません。
rpll13n.jpg


上空からのMAP表示にしてみました。
rpll9map.jpg
空港を中心に広い範囲のシーナリが作りこまれています。ただシーナリの境界の処理はハッキリしていて、ちょっと残念な部分です。


これだけシーナリが作りこまれているとVASへの負担が心配ですが、私の環境で約3GBほどでした。
この時の機材はPMDG777-300。同じ条件でテクノブレインRJTT2では3.1GB程で、それに比べて少なめです。
rpll10vas_20141123180600b00.jpg
この程度のVAS使用量ならば、長距離をフライトしてきてもOOM(OUT OF MEMORY)なく安心して着陸できると思われます。


次に気になるフレームレートですが、これも現状一番重たいアドオン機体のPMDG777-300で21fpsくらいでした。
rpll8rwy06.jpg
空港ターミナルとビル群が視界に入るRWY06での確認です。


さて、RWY06からTakeoff。
rpll12.jpg
たえず緊張感をもって行動しなければならないメトロ マニラから抜け出して、ほっとした感覚を思い出します。


海外での日系航空会社の安心感はありがたいものです。
rpll11.jpg


マニラ空港(RPLL)のAerodrome chart。RPLLのWikiはこちら。
滑走路は06/24と13/31の二本あります
RPLL_ad.jpg
この空港のターミナル間の移動は、バスやタクシーでしか出来ません。
私が行ったときは、第一ターミナルからドメスティックターミナルまで、大渋滞の中ジプニーに乗って移動しました。





おまけ。

フィリピンでのひとコマ
PIC00079.jpg
このころ使用していたデジカメはNikonのモナカみたいな形をしたもので、起動するのの何十秒もかかったり、あっという間に電池がなくなったものでした。

特にマニラでは強盗らしき者に追跡されたり、危険を感じました。
空港の到着ロビーでは、白タクの運ちゃんみたいなのが窓ガラスをドンドン叩いて、こっちを見ろとアピールしてたり、空港の職員でもチップを要求したり、良い記憶がありません。
PIC00005.jpg
フィリピン訪問時は、マニラからセブへ、セブからマニラへとあやしい国内線を乗り継ぎました。

その時の機材はたぶんB727。翼には明らかに本来の材料とは違う板が貼り付けられていたことが気になって仕方なかったですww

しかしながら、セブ島の裏側にあるモアルボアルでのダイビングは、沖縄の海とくらべても遥かにキレイで幻想的な海だったことを覚えています。

おしまい。

カテゴリ: FS scenery

[edit]

TB: --    CM: 2   

FSアドオンコレクション東京国際空港2 (2/2) 

前の記事のFSX動作環境条件にて、東京国際空港(旧作)と東京国際空港2(新作)のフレームレート(FPS)の差を比較してみました。
私自身がよく使用するゲートや着陸時のシチュエーションごとに幾つかのケースを設定して、
FPSを記録しました。
FPSの計測はFSXのFPS表示と、RadeonProのOSD SettingによるFPS Counterを利用しました。
RadeonProとは、AMDのRadeon Video Cardの設定を、より高度に行えるツールです。AMDのVideo Cardの標準付属ツールであるCCC(Catalyst Control Center)のみでは設定できない項目を操作することが出来ます。そのRadeonProの機能のひとつにFPSをFSXのウインドウの隅に表示する機能があります。

ケース1
第一ターミナル4番ゲート 外部視点
旧作

新作

私がいつも利用しているゲートです。
まず新作をインストールして最初に気が付いたのはテクスチャが精細になったことです。コンクリートの地面はREX4のテクスチャを利用するように変更したと思われます。
ボーディング・ブリッジもよりステップが付け加えられたりして、精細になっています。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  20.2-26.2 : 24.9-26.0
新作  23.1-27.6 : 26.6-27.4

PMDGの機体では特にコックピットでFPSが悪いため、外部視点では、機体のFPSに対する影響の度合いが低く、シーナリがFPSに及ぼす影響を読み取りやすいと思われます。
このシチュエーションにおいてFSXのFPSで10-20%ほどFPSが向上しています。

ケース2
第一ターミナル4番ゲート コックピット視点
旧作

新作


FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  14.4-17.8 : 16.2-16.4
新作  15.1-18.8 : 15.7-17.6

機体のFPSの悪さが影響されるコックピット視点ですが、実際に操縦するのはこの視点ですので、このコックピット視点でFPSが向上しなければ意味がありません。
この視点では、FPSの向上は1-2FPSですが、この低FPSのレベルでは大きな向上です。

ケース3
第二ターミナル68番ゲート 外部視点
旧作

新作


もともと、視界にオブジェクトの数は多くなく、羽田空港の中でもFPSが良好なスポットです。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  26.2-29.6 : 28.3-30.0
新作  26.5-30.5 : 29.6-30.1

このスポットでは、もともと十分なFPSが出ていたので、あまり差異はありません。
最大のFPSをFSXの設定で31、RadeonProの設定で30にしているので、それらの値で頭打ちになっているものと思います。

ケース4
第二ターミナル68番ゲート コックピット視点
旧作

新作


こちらもケース3と同じですが、FPSは20%ほど向上しています。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  17.9-22.0 : 19.4-22.3
新作  19.6-27.2 : 24.5-25.1


ケース5
ハイスピードタキシングウエイB2 コックピット視点
旧作

新作

RWY22からハイスピードタキシングウエイB2へ離脱後に国際線ターミナルと第一ターミナルが同時に視界に入るところです。
羽田空港シーナリの中でも重たい部類に入るスポットだと思います。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  12.2-14.6 : 12.9-13.0
新作  14.4-19.2 : 16.9-17.8

ここでのFPSの向上は非常にうれしいです。
実際に操縦してみてもカクカク感は激減しました。

ケース6
RWY34Lアプローチ 高度180ftくらいにて コックピット視点
旧作

新作


このテストでは自動着陸にしていますが、マニュアルでの着陸時には、繊細な操作が必要なところです。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作   12.6   : 13.1
新作   15.1   : 13.4


ケース7
夜間 RWY34Lエンドにて 外部視点
旧作

新作


FSXの夜間は特にFPSが低下するものですが、新作のFPSの高さが見て取れます。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  16.6-19.1 : 17.9-18.8
新作  18.5-24.5 : 23.5-24.6


ケース8
夜間 RWY34Lエンドにて コックピット視点
旧作


新作


ケース7と同じく、新作のFPSの改善が感じられます。

FPS    FSX  :  RadeonPro 
旧作  11.5-14.0 : 12.9-18.1
新作  16.6-19.1 : 17.8-18.8

まとめ
新作の東京国際空港2はFPSを計測するまでも無く、フレームレートの向上はすぐに感じ取れました。私はシーナリを作成できる能力はありませんので、どのような方策をとってFPSの改良を行ったのかは想像することは出来ませんが、それぞれのオブジェクトを見ても、微妙な形状の変化やテクスチャの違いが見て取れます。それなりに手間隙掛けて、このシーナリを再作成したのではないでしょうか。
テクノブレインさんはそこそこの規模のソフトハウスのようで、有志が集って起業したような他のシーナリメーカとは事情がことなり、それなりに間接費や管理費も製品に乗っかってると勝手に想像しますが、優待価格の価格設定の面では、やっぱり前作のユーザの気持ちも汲み取ってもらいたかったと思います。
この優待価格でも、流通経路を通らない分、テクノブレインさんの取り分は、通常の販売と同等なのではないでしょうか。
とはいえ、衰退しまくった日本のFS界で、日本の空港シーナリを提供して頂いていることには私自身感謝したいです。

今回は主にFPSに関しての感想となりましたが、FSXのもうひとつの大きな課題であるVAS (Virtual Address Space)の消費量に関しては、前作とほぼ同等で、私の環境で約3GBでした。

最後にひとつ気にかかることといえば、私のFSXはDirectX10モードで動作させていることです。これがFSXの動作モードで標準的はDirectX9ではどのような結果になるのかは確認していません。テクノブレインさんのWEBでもわざわざDirectX10モードで動画を紹介していたりするので、そちらに最適化した作成方法をとっているのかも知れません。

カテゴリ: FS scenery

[edit]

TB: --    CM: 2   

FSアドオンコレクション東京国際空港2 (1/2) 

予約したこともすっかり忘れていたのですが、帰宅したら届いておりました。
「FSアドオンコレクション東京国際空港2」


優待価格なのにお店での販売価格と大差ないということから、不評を買っていましたが、FSXでもベース空港にしていることと、実際にもよく羽田空港には訪れることから、拡張工事などによってシーナリと実際の差が気になっていて、最新の羽田空港になればと思い、予約していた次第です。
フレームレートも向上するとの謳い文句だったので、そちらにも期待したいところです。なにせ、テクノブレインさん東京国際空港Xは、数ある空港シーナリの中でも屈指のフレームレートキラーシーナリですからね。


早速インストールしました。先ずは旧東京国際空港Xをアンインストール後に、SETUPプログラムを起動します。

英語版のWindowsを使用しているので、国内のソフトは勘でボタンをクリックしますww

インストール後のシーナリライブラリ。
プライオリティは旧作と同じ位置にしました。東京フォトシーナリの下です。

旧作(FSAC_RJTT_FSX)をアンインストールしたにも関わらず、チェックBOXはONのままでした。
気が付かないと、旧作と新作が同時にONになってFPSがガタ落ちになってしまいます。


いつもの第一ターミナル4番ゲートにPMDG 737NGXで起動しました。

いきなりの印象ですが、軽いです!テクスチャも少しシックな感じになっています。
ボーディング・ブリッジも精細な造りに変わっています。

これは期待できそうということで、旧作と新作のフレームレートの比較をしてみたいと思います。

フレームレートの比較にあたって、FSXの動作環境を紹介します。
私のFSXのPC環境はこの記事を参照ください。
FSXはDirectX10モードで使用しています。

RJTTと同時にロードされるシーナリは、プライオリティの高い順に、
1) TOKYO_X
2) YOKOHAMA_X
3) Tokyoフォトシーナリ
4) FSAC_RJTT2_-FSX
5) Japan Stellite Image Scenery
6)Japan Terrain Mesh Scenery
   TerrainMesh_10_38
   TerrainMesh_9_76
   TerrainMesh_LOD8_152
7))FS Global 2010
です。

AI trafficには Ultimate Traffic2を使用していて、出現率は60%としています。

フレームレートに影響しそうなセッティング項目は以下の通りです。
FSXのシーナリセッティング


DISPLAYのセッティング


天候も影響しますので、Active Aky Nextで天候の日時を Historical Weather Mode で2014年1月1日12:00に合わせて、この日時を基準として、フレームレートを計測します。この日は晴れていて、雲も少ない日です。


使用機体は、PMDG 737NGXです。

次の記事に続きます。

カテゴリ: FS scenery

[edit]

TB: --    CM: 0   

祝! 福島空港開港!! 

2割引で、もうじきそのセールも終わるとなると、こうならざるを得ませんww

あいにくの雨ですが、福島空港が開港しました。

赤いピチピチの服着た、強そうなオッサンの人形が立っています。。


高台にある、よくありがちなローカル空港です。秋田空港とか青森空港もこんな感じだったでしょうか。

空港の外周の山の部分も作りこんであります。


やっぱり、この機体がしっくり来ます。。



日本の空港も充実してきました。次は長崎ですね~。
以上、Wing CreationさんのRJSFでした。。

カテゴリ: FS scenery

テーマ: 航空機全般

ジャンル: 趣味・実用

[edit]

TB: --    CM: 4   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。