あやしいLanding RWY38

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

カテゴリー「FS System」の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

Overclock Memory DDR4-3400 

ちょっとお小遣いを稼いだので(笑)、FS用の新PCを購入する際に引っかかっていたメインメモリを交換してみました。最初に取り付けていたメモリは、G.Skill F4-2133C15Q-16GRB で、DDR4-2133 CL15 4GB×4といったものです。新PCを購入したときにはDDR4のメモリ自体が品薄でさらに高値の状態だったため、その時は仕方なく2133を選択しました。
ここにきて、DDR4のメモリも出回り、価格も多少こなれてきたので、より周波数の高いものを入手しました。
新たに購入したメモリは、G.Skill F4-3400C16D-16GTZ (DDR4-3400 CL16 8GB×2)です。
メモリの動作クロック周波数が、2133MHz から 3400MHzへ、
メモリレイテンシーは、15-15-15-35-2N から 16-18-18-38-2N となりました。

PCパーツの中で、メモリの動作クロック周波数の差は体感できるほどの差はないというのが、よくPCを自作されている方々の共通認識ではないでしょうか。私もそう考えていました。ですが、メモリをより高速なものに交換してみようと、そのきっかけになったのは、AVSIMのあるトピックでした。
こちらです。Performance of 6700k skylake and high speed ddr4ram
詳細は、このトピックを読んでいただきたいのですが、FSXmarkCPUというベンチマークツールを用いたテストで、CPUをオーバークロックした場合に、高速なメモリを使用すると、ベンチ結果(フレームレート)が向上するといった結果です。Skylake 6700kを用いたテストでは、CPUクロックの4.3GHzと4.7GHzのフレームレートの差は、メモリの動作クロック周波数が2133MHzと3000MHzの差分に相当するといった結果でした。ただし、ある一定周波数以上の高速なメモリを使用しても、例えば、3000MHz以上の3866MHzや4133MHzのクロックでは結果は変わらないということらしいです。

FSXのプログラムはアドオンソフト、シーナリデータなどで肥大化しており、私の環境では常にメインメモリを3Gバイト程度占有して動作しています。実際のプログラムの構造は想像もつきませんが、おそらくCPUのキャッシュのサイズを遥かに超えるプログラムのループが常に実行されていると考えられ、もしそうならば、キャッシュミスヒットする度にメインメモリにアクセスするので、その結果、メインメモリの速度が律速になり得ます。つまり、メモリの動作クロック周波数は、FSXのフレームレートに影響を与えると考えても、そう間違ってはいないと思われます。
先のAVSIMのトピックの結果を見て、私もなるほどと思い、メインメモリを交換することを試した次第です。


この度購入した、G-Skillのメモリ。アキバのお店にて、16Gバイトで三万円くらいでした。



さっそく、FS用PCのメモリを交換して、フレームレートの比較を行ってみます。
フレームレートの比較は、いつものようにテクノブレインの羽田2で、ターミナル1のゲート4、およびRWY34Rで確認しました。
以前の記事で、旧PCと新PCのフレームレートの比較を行ったときと同様な条件で行っています。
•2015/11/03 新FSシステム ~フレームレートの確認~

ただし、AI機については、Ultimate Traffic 2ではなくSky AI Traffic に変更しています。
AI機の出現率は40%ですが、UT2を使用していた時と比べて、フレームレートは減少していました。
具体的には、

    Ultimate Traffic 2使用時 (出現率60%)
       ゲート4:22.2程度 、RWY34R:22.5程度
    Sky AI Traffic使用時 (出現率40%)
       ゲート4:17.6~19.6 、RWY34R:18.0~20.2
    (ただし、どちらもDDR4-2133 CL15 4GB×4使用)

といった差が生じています。
ですので、以前の新PCでのフレームレートの比較記事と関連して考察するには、この差分を念頭に置いておく必要があります。

それぞれのメモリの情報を、CPU-Zで表示させました。
G.Skill F4-2133C15Q-16GRB
CPU-Z_SPD.jpg

G.Skill F4-3400C16D-16GTZ
CPU-Z_SPD3400.jpg
SkylakeのチップセットであるZ170では、公式にはメモリクロック周波数は2133MHzまでしか対応していません。
それ以上のクロック周波数は、メモリをオーバークロックして使用するということになり、マザーボードがXMP2.0というメモリの拡張情報を使用して、高速に動作させるということになります。
メモリの動作電圧も1.2Vから1.35Vと高い電圧で駆動されることになります。



さて、メモリの違いによるフレームレートの差異を確認してみます。

まずは、ターミナル1のゲート4での比較。
DDR4-2133 CL15
g4_20151205130715a9b.jpg
フレームレートは、17.6-19.6でした。
g4fps.jpg

DDR4-3400 CL16
g4_3400_2015120513071618b.jpg
フレームレートは、20.5-24.7と向上しました。
g4_3400fps.jpg


次に、RWY34Rでの比較。
DDR4-2133 CL15
rwy34r_20151205130718e24.jpg
フレームレートは、18.0-20.2でした。
rwy34rfps.jpg


DDR4-3400 CL16
rwy34r3400_20151205130719540.jpg
フレームレートは、21.0-25.4とここでも向上しました。
rwy34r3400fps.jpg

以上のように、15~25%フレームレートが向上するといった結果を得ました。
体感でも、滑らかになったことを実感できるくらいの差です。

DDR4-2133 と DDR4-3400 の金額差は約1.5万円程度、この金額に見合う性能向上かどうかは、人によって違うのでしょうが、私としては、まあ満足を得られる結果だったと感じています。
今回、メモリ交換によって、FSXのフレームレートが少し向上した訳ですが、CPU、CPUクロック、そしてビデオカードのグレードのバランスによっては、効果がないケースも十分あると考えられます。先に紹介したAVSIMのトピックの内容と僕のPCの環境がほぼ同じだったため、ある程度の性能向上を期待してメモリ交換を実施しましたが、PCの環境がそれと大きく異なる場合には、高速なメモリの効果がない場合もあると思われます。

スポンサーサイト

カテゴリ: FS System

[edit]

TB: --    CM: 2   

新FSシステム ~フレームレートの確認~ 

ようやく新しいPCへFSX関連のファイルのインストールもほぼ終わり、国内の空港シーナリのインストールが終わりました。
これからはフライトをしながら、海外の空港シーナリをボチボチインストールして行こうと思います。

気になる、この新しいPCでFSXを動かした時のフレームレートを確認しました。
測定条件は、P3D Ver2.5とFSXを比較したときの記事と同様です。
•2015/09/22 PREPAR3D導入
詳しい動作条件は、この記事を参照ください。
また、旧PCの仕様はこちらの記事を参照ください。
•2014/07/28 ブログはじめます。

今回の新PCの構成はこちらです。
•2015/10/11 新FSシステム
新PCをオーバークロック
•2015/10/18 新FSシステム ~組立て完了~


旧PCはCorei7 2700k 4.5GHz、新PCはCorei7 6700k 4.5GHzでのそれぞれのフレームレートに関して比較をしました。
ビデオカードは、どちらもGTX980を使用しています。
さてさて、どのくらいフレームレートは向上したでしょうか。。

まずは、RJTT2のターミナル1のゲート4です。機材はPMDG737NGX
バーチャル・コックピット
g04_nl_20151103144353ea3.jpg

22.2fps!も出ています!!
g04_nlfps.jpg
実際には、20~23fpsで変動はしています。
視野を左右に動かしてみても、旧PCと比べスムーズです。

旧PCでのFSX、P3DV2.5のフレームレートと比較してみます。

旧PC FSX:15.1fps
旧PC P3D:20.7fps
新PC FSX:22.2fps

と、FSXでの比較では、140~150%程度、フレームレートは向上しました。

次に、RWY34R。
rwy34r_nl_20151103144354ad1.jpg

こちらも22.5fpsと、フレームレートは向上しました。
rwy34r_nlfps.jpg

同じく、フレームレートを比較します。

旧PC FSX:17.1fps
旧PC P3D:20.1fps
新PC FSX:22.5fps

と、FSXでの比較では、130%程度、フレームレートは向上しました。

東京周辺のシーナリと合わせて、テクノブレインのRJTT2は数ある空港シーナリの中でも重たい部類ですが、ここまでフレームレートが向上して動作が軽くなると、FSXのフレームレートの課題は解決されたように思えます。

台風などの悪天候や、FSX起動後しばらく経過して離着陸するAI機が増えてくると、これからさらに数fpsは下がってしまいますが、旧PCを使用時と比較して、カクカク感は激減して、ストレスも消え去った感じです。


参考までに、テスト時のFSXの設定を載せておきます。
シーナリの設定
Untitled2_20151103144128b81.jpg

トラフィックの設定
Untitled1_20151103144131aef.jpg
AI機は、Ultimate Traffic 2 を使用していて、そのAI機出現率は60%としています。
厳密に言えば、旧PCでは、たとえばJAL機のテクスチャを現在の鶴丸に入れ替えていたりして、若干の違いもあります。


正直、ここまでフレームレートが向上するとは思っていませんでした。
2700kと6700kの性能差は、各種ベンチマークなどの比較では2割ほどだそうです。
ですが、FSXではそれ以上のパフォーマンスの向上を得ることができました。
現在のところ、性能向上の上げ幅が小さく、評判のよろしくないSkylake 6700kですが、シングルスレッド主体のゲーム用途では、それなりにメリットもあるようです。

今回のPCの導入には15~16万円ほど費やしてしまい、決して安くは無かったものの、結果的には満足できる出費となりました。。


ほぼほぼFSXのセットアップも終えたことですし、ようやくフライトを楽しめる環境が再び整いました。
ngx.jpg
新PCでの初フライトはflyer RJOAへ!

カテゴリ: FS System

[edit]

TB: --    CM: 6   

新FSシステム ~組立て完了~ 

先週から組立てを始めて、ようやくWindowsのセットアップと、その他もろもろのツール類のインストールが終了。
DVD版のFSXをインストールして、無事アクティベーションができるのを確認できた後、CPUのオーバークロックに取り組んでみました。

構成は前の記事を参照ください。
内部の写真。

CPUクーラーがめちゃめちゃでかいですww


裏側より。
IMG_5151.jpg
今回、配線を裏側から通せるタイプのケースを使ってみました。
おかげで、配線がスッキリしました。


CPUを45倍速まで上げて、OCCTで動作確認をしました。
oc1.jpg


現バージョンのOCCTでは、6700kの情報は正しく表示されませんので、CPUID HWMonitorを使ってモニタリングです。
oc2.jpg

CPUコアの電圧を1.27Vで、4.5GHzで安定しています。
CPUコア温度は最大で76℃ですが、テスト中は50~60℃くらいでした。
殻割はしていません。もう少し電圧を上げれば、4.6GHzくらいは常用できそうな感じ。。





カテゴリ: FS System

[edit]

TB: --    CM: 6   

新FSシステム 

P3Dのライセンスを返品する際に、P3D用のPMDGのソフトをアンインストールしたところ、Windowsがまともに起動されなくなるというトラブルに見舞われました。原因は、PMDGのアンインストーラがWindowsのシステムファイルまで余計に削除してしまったのか、もしくは、レジストリを破壊したような感じです。もしかしたら、メインメモリが不調でしたので、もともとシステムファイルが壊れかかっていたのかもしれません。
症状としては、.NETのファイルが見つからず、それを使用する多くのアプリケーションが起動できなくなりました。
Windowsの修復セットアップもうまく出来ず、その結果、、、



一式を購入してしまいましたww


構成
1) CPU : intel Core i7-6700K
2) CPUクーラー : CRYORIG R1UNIVERSAL
3) マザーボード : ASRock Z170 Gaming K6 Z170 ATX
4) メモリー : G.Skill F4-2133C15Q-16GRB (DDR4-2133 CL15 4GB×4)
5) SSD1 : SANDISK SDSSDHII-240G-J25 [ウルトラII 240GB] Windows用
6) SSD2 : SANDISK SDSSDHII-480G-J25 [ウルトラII 480GB] FS用
7) PCケース : Antec P100 
8) 電源 : オウルテック FSP RA-750S
9) CPUグリス : AINEX JP-DX1ナノダイヤモンドグリス

ビデオカードは使いまわしで MSI GTX980 GAMING 4G
CD-RWドライブは余っていたのを適当に使います。

DDR4のメモリーって、今品薄状態なんですね~。
仕方なく、2133を購入。値段がこなれてきたら、DDR4-3000くらいの大容量の物を購入したいと思います。


組み立てて、Windowsからインストール開始してます。再びフライトできるのは来週の休みですかね。。

カテゴリ: FS System

[edit]

TB: --    CM: 4   

faulty memory module 

このところ、フライト中にFSXがエラーで落ちたり、Windowsそのものがブルースクリーンで落ちたりすることが頻発しました。
最初は、FSXやアドオンソフトに原因がないか疑ってかかってましたが、分からず。
Windowsやアンチウィルスソフト、ドライバ類も疑って、再インストールやアップデートなど、散々やってみたものの、解決できず。
次にハードウエアを疑い、CPUに負荷をかけてシステムの安定性を確認するため、OCCTを使って試してみると、15分もせずにエラーで停止します。CPUはオーバークロックしていたので、定格まで周波数を戻し、BIOSの電圧設定などもデフォルトにするもOCCTはエラーで停止します。

これはいよいよ電源かマザーボードかメモリーが逝ったかということで、久しぶりにMEMTEST86で、メモリーのチェックを行ってみました。
すると、
IMG_5104a.jpg
エラーをはきましたww

こちらが使用しているメモリモジュール
IMG_5105a.jpg
ADATAのDDR3-1600、4GBが4枚

メモリモジュールとメモリスロットの接触不良を疑い、数度抜き差ししても状況は同じ。するとメモリ本体の異常ということになりそうです。
MEMTESTを何回繰り返しても同じアドレスでエラーになるようなので、4枚使っているうちの2枚は使えそうと思い、
メモリモジュール2枚だけをさして、エラーを出さない組合せを見つけました。

MEMTESTはパス
IMG_5106aaa.jpg
合計16GBのメモリが8GBになってしまいますが、これで復旧することとします。


CPUの定格でOCCTが一時間程度パスすることを確認後、もとの周波数4.5GHzまでオーバークロックしてOCCTが再度一時間パスすることを確認できたので、復旧完了となりました。
occt4p6ghz.jpg
この後、さっそくフライトしてみましたが、エラーは発生しませんでした。

このご時勢にまさかメモリの不良が発生するなんて思ってもみませんでした。。
このFS用のシステムは導入してから4年ほど使用していますが、オーバークロックで酷使していることもあり、やむなしってとこでしょうか。
最近、あたらしいPC欲しい病に掛かりつつありますが、それにとどめの一撃になりそうな出来事でしたww

ADATAのメモリってもしかすると永久保証だったかも。。。

--------------------------------------------
●MEMTEST86+
http://www.memtest.org/#downiso
このツールはCD-RやUSBに入れて、OSを介さずに直接起動します。

●OCCT
http://www.ocbase.com/
世間では、このソフトのチェックが一時間パスしたら、システムは安定しているものとされています。


おまけ

ディスプレイを縦3画面で使っていますが、Windowsが起動するまでは、こんな具合に90度回転して表示されますww
IMG_5103.jpg

カテゴリ: FS System

[edit]

TB: --    CM: 2   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。