あやしいLanding RWY38

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

カテゴリー「P3D」の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

TB: --    CM: --    

遠慮なく refund 

p3dv3.jpg

意外にもあっけなくPrepar3D Ver.3 がリリースされました。
フレームレートはもちろんのこと、VASの点でも改善さているようですので、期待したいと思います。
メジャーバージョンアップの後なので、これからバグ出しが行われるのと、アドオンソフトの類も、その対応にしばらく時間は要すると思われるので、慌てて今乗り換える必要もなさそうです。

ニュースとリリースノート
Introducing Prepar3D v3
Requested Features and Enhancements Implemented in Prepar3D v3

さっそく、ユーザによる Ver.2.5 と Ver.3 の比較動画がyoutubeにUPされています。



気になっていた、旧版のライセンス保持者に対する優待は、案の定ありませんでした。
そのアップデートの優待に関するQ&A
p3drefundqa.jpg
この答えになっていない回答には笑ってしまいますがww
小さな市場にソフトを供給してくださるLockheedMartin殿にお布施といった感じですかね~

そんなわけで、Ver2.5 を購入してから60日以内でしたので、遠慮なくライセンスを返品させて頂きましたww


返品のやり方はこちらにあります。
Refund Policy
次の内容を記載して、refunds@prepar3d.com宛てにメールすれば手続き出来るそうです。
・invoice number
・license ID
・the purchasers first and last name
・a brief explanation on why the refund is being requested.

メール後、1~2週間で処理されるようですが。

私も、そのうち時間が出来たら、Ver.3購入してインストールしたいと思っています。
スポンサーサイト

カテゴリ: P3D

[edit]

TB: --    CM: 2   

PREPAR3D導入 



1.はじめに
前の記事でちょろっと書いていましたが、このシルバーウィークを使って、PREPAR3Dの導入をしました。
いまさらなのかもしれませんが、この「PREPAR3D」って、3とEをかけて、「PREPARED」をもじったものなのかと...。

Ver.3のBetaテストがすでに行われていることはAVSIMなどのForumのあちこちで言われていて、Ver.3リリースの時期は近づいているようです。しかし、メジャーVerUp後は、数回VerUpを経ないと安定して使用できるまでに至らないことは、現バージョンの歩みから容易に想像できます。なのでVer.3のことは気にせず購入しました。
Ver.1のユーザに対して、Ver.2の購入には一切割引などが無かったのですが、Ver.3でも同じ事になるのでしょうか。。
Professional Licenseの価格は$199で、カードの決済金額は2万5千円くらいでした。


2.インストール
さて、まるまる二日かけて、P3D本体、常用している国内のシーナリとユーティリティーソフトをインストールしました。
P3Dは十分に容量のあるPドライブに導入しましたが、インストール時にはCドライブに10.6GB以上空きエリアがないとインストールに失敗します。エラーの内容が表示されないので、こんなことで悩んでしまいました。

導入したユーティリティーソフトは次の通りです。
(1) ACTIVE SKY NEXT (SP3)
(2) REX Texture Direct
(3) REX Soft Clouds
(4) Accu-Feel v.2 AL&S: Global FSX Enhancement
(5) Ezdok Camera Addon 1.18(Beta)
(6) Ultimate Traffic 2
(7) FSUIPC4 4.944
(8) GSX, Ground Services

導入したシーナリ類
(1) FS Global 2010
(2) FTX Global Base Pack
(3) FTX Global Vector
(4) FTX Global openLC Europe
(5) Japan Terrain Mesh Scenery LE, ST, HG
(6) Japan Satellite Image Scenery [JSIS]
(7) Japan Scenery 東京フォトシーナリー、関西フォトシーナリー
(8) テクノブレイン製シーナリ全部 RJTT2など
(9) http://fsx.o.oo7.jp/index.htmで頂いた、TOKYO FSX, YOKOHAMA FSXなど

各ソフト、シーナリのインストールは特に難しいことはありませんでした。
全てAVSIMなどのForumで説明されています。

その他
(1) PRO-ATC/X
(2) FS Flight Kepper
(3) Air Traffic Managerなど
FSUIPCを介してP3Dと接続される類のツールは、何もしない、もしくは参照するフォルダなどの簡単な設定の変更/追加作業で、使用可能となりました。

P3D(Ver.2.5)ではcfgに「OPTIMIZE_PARTS=1」を記述しないとFPSはFSXにも及ばないとのことで、cfgにはその記述済みです。
これについては、こちらを参照ください。
http://www.avsim.com/topic/464695-optimize-parts1/


3.P3DとFSXの比較
まずは、同じシーンでの比較です。
RJTT2、PMDG737NGXです。使用しているシーナリ、シーナリグラフィックの表示設定レベルなどは同じ程度にしてあります。
UT2のAI機の出現率はどちらも60%としています。FSXではSteve DX10 Fixerを導入してDX10モードで使用しています。

P3D
rjttg04p3d_1.jpg

FSX
rjttg04fsx_1.jpg

RJTT2のターミナル1Gate4での比較画像です。
最初に感じたのは、P3DはFSXに対して色調がシックになったことです。ASNの設定は同じはずですが、P3Dのほうが遠くの山並みまではっきり見えて視程が長いです。なお、天候の差異による影響をなくすため、ASNの設定をヒストカルにして、2015/01/01、13:00としています。
気になる点といえば、地表のラインがP3Dでは表示されていないものがあります。テクノブレインのシーナリーはP3Dに対応していませんので、仕方ありませんが・・・。遠くのほうのオブジェクトのテクスチャもチラチラして気になると言えばそうです。

次に、さっそく気になるパフォーマンスの向上、特にFPSについて、FSXと比較をしてみたいと思います。

上の画像の場所において、コックピット内での比較です。
P3D
rjttg04p3d_cok_1.jpg

P3DのFPS
rjttg04p3d_cok_fps.jpg
20fpsくらいです。

FSX
rjttg04fsx_cok_1.jpg

FSXのFPS
rjttg04fsx_cok_fps.jpg
こちらは15fps前後。

25%ほど、P3DではPFSが向上しています。実際視点を変えた時の表示の滑らかさも違います。
これはうれしい性能向上ですね。。


さらに、RJTT2のRWY34Rエンドでの比較です。
P3D
rjttg04p3d_rw34r_1.jpg

P3DのFPS
rjttg04p3d_rw34r_fps.jpg

FSX
rjttg04fsx_rw34r_1.jpg

FSXのFPS
rjttg04fsx_rw34r_fps.jpg

このシーンでは15%ほどのFPSの向上となりました。
FPSが20もあればとても滑らかに感じられて、これまでとは違った世界になります。


4.P3Dでの問題??
ところが、テクノブレインのシーナリはP3Dに対応していないというものの、実用するには幾つかの問題がります。
それは夜間でのライティングの問題です。

P3D
rjttg04p3d_n_1.jpg

FSX
rjttg04fsx_n_1.jpg

上の画像を比較すると、タキシーラインの照明が表示されていないことに気が付きます。
これは夜間にフライトすることの多い私にとって大きな問題です。
RJTT2のほかに、同じくテクノブレインのシーナリではRJCC、RJOO、ROAHでも同様です。
ROIGとROMYでは、またちょっと状況が異なりまして、タキシーラインの照明は点灯します。
ただし違う問題も起きていますが・・・。

もう一つ問題が、、、
rjttg04p3d_pm.jpg
ボーディング・ブリッジの車輪の部分が天地逆になって、空を向いていますw
さらに、本来ボーディング・ブリッジの2本あるうちの可動しない側が表示されていません。

この他にも、EZCAのV/Cでの視点を正面に戻すときに、一瞬画面が白くなるなど、気にしだしたら止まらない、細かい不具合(と言い切るのもなんですが)が多々存在します。


5.おわりに
ということで、FPSは向上することは分かりましたが、この状態で常用するにはちょっとストレスが溜まりそうです。
ろくにパッチも提供しないテクノブレインがP3Dに対応してくれることは今のところ期待薄ですが、なんとか対応して頂けます様にお願いしたい次第です。
国内でもWingCreationの方はP3Dに積極的に対応していますが、テクノブレインのはメジャー空港ばかりなので。。

期待の高かったP3Dですが、FPSの向上以外にそれと言った利点、改良点があるかというと、、、ちょっと厳しいです。
グラフィックは確かに向上していますが、FSXのDX10モードに対して明らかなアドバンテージはそんなに無いような気がします。
FSXのDX10モードに対して劣る部分もあります。それはVASです。PMDGの777で大規模空港間を長距離飛行するのは心配なVASの消費レベルです。これはまた気が向いたら記事にしたいと思います。

ということで、もうしばらくはFSXをDX10モードで使用することになりそうです。

カテゴリ: P3D

[edit]

TB: --    CM: 6   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。